1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

◆W杯の準々決勝、スウェーデンvsイングランドが行われた

ロシア・ワールドカップ準々決勝が7日に行われ、スウェーデン代表とイングランド代表が対戦した。

スウェーデンはミカエル・ルスティグが累積警告のため出場停止。代わってエミル・クラフスが右サイドバックに入る。

イングランドは決勝トーナメント1回戦コロンビア戦と同じ11名。通算6ゴールで得点ランキングトップのハリー・ケインと10番のラヒーム・スターリングが2トップを形成する。

スウェーデンはこの一戦がW杯通算50戦目。優勝未経験国としてはメキシコ(57戦)に次ぐ2位。両チームの対戦成績はW杯での二度の引き分けを含め、7勝7敗9分けと全くの五分。

◆試合序盤はイングランドが主導権を握るも、スウェーデンが堅守でゴールを阻止する

試合はスウェーデンがイングランドにボールを持たせる展開。イングランドの外からのクロスには高い壁で跳ね返し、チャンスを作らせない。

◆しかし、最初に決定機が訪れたのはイングランド代表

30分、アシュリー・ヤングのCKをハリー・マグワイアが打点の高いヘディングで合わせ、イングランドが先制する。

マグワイアはこれが代表初ゴールとなった。前半はイングランドの1点リードで折り返す。

◆後半に入っても、イングランドの勢いは収まらない

逆サイドを走り込んだMFデレ・アリが飛び込み頭で合わせる。これがGKロビン・オルセンの頭上を破って2-0。貴重な追加点をゲットした。

◆スウェーデンは必死に攻めるも、イングランドのGKビックフォードが立ちふさがった

後半17分にはMFビクトール・クラーソン、その10分後にはベリがペナルティエリア内でのシュートチャンスを得たが、いずれもピックフォードに防がれ、チャンスを逃して万事休した。

◆そして試合は2-0で終了。イングランドが7大会ぶりの4強入り

1 2