1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ブラジルにドイツ、アルゼンチン… W杯で姿を消した強豪国まとめ

ロシアW杯も準々決勝が終わり、ベスト4が決定。前回大会の顔ぶれとは大きく変わった今大会、ドイツ、ブラジル、アルゼンチンなど強豪国が次々に敗退しています…

更新日: 2018年07月28日

1 お気に入り 2601 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

引用は信頼のおけるサイトを元にしています。

kteaynauさん

準々決勝が終わり、ベスト4が出揃ったロシアW杯

準決勝では10日にフランス代表とベルギー代表、11日にクロアチア代表とイングランド代表が戦う

強豪国が続々敗退

前回大会の優勝国だが、開幕戦(vsメキシコ)を0-1で落とす。2戦目では勝利を挙げるも、最終戦で韓国に完封負けで無念のグループステージ敗退。

GS戦績:D組2位
△アイスランド 1-1
●クロアチア 0-2
◯ナイジェリア 2-1

決勝トーナメント成績:ベスト16
●フランス 3-4

グループステージは最終戦で逆転突破を決めるも、チームの顔メッシはその試合の1ゴール止まり。決勝トーナメントでは4失点を喫しながらも1点差まで詰め寄るが、ベスト16で涙を飲んだ。

GS初戦は引き分けに終わるも、徐々に調子を上げてきたブラジル。準々決勝では、土壇場で日本を敗ったベルギーと対戦するが、チャンスを活かせず無念の敗退。

ドイツ、アルゼンチンに続くブラジルの敗退は、W杯史上初めて準決勝にこの3カ国が1つも登場しない事態を引き起こした。

前回大会は3カ国ともベスト4入りしている

GS戦績:B組1位
△ポルトガル 3-3
◯イラン 1-0
△モロッコ 2-2

決勝トーナメント成績:ベスト16
△ロシア 1-1 (PK3-4)

前回大会、無念のグループステージ敗退を喫したスペイン代表。グループは2引き分けながら負けなしで突破するも、ベスト16でロシアの守備を崩せず、PK戦の末屈した。

2年前の欧州選手権で優勝したポルトガルだが、決勝トーナメント1回戦で相手エースのカバーニの活躍もあり涙を飲んだ。

一方でベスト4入りしたチームは…

GS成績:D組1位
◯ナイジェリア 2-0
◯アルゼンチン 3-0
◯アイスランド 2-1

決勝トーナメント成績:準決勝進出
△デンマーク 1-1(PK3-2)
△ロシア 2-2(PK4-3)

アルゼンチンも下し、全勝でGSを通過。決勝トーナメントでは2戦ともに延長戦に。PK戦を戦い抜いて準決勝に進出

粒揃いのGSを首位で突破して、決勝トーナメントでは南米の強豪2カ国を撃破。控えまで含めてバランスのとれた屈指のチームである

ベルギーと同組のグループを2位で通過すると、コロンビアとの準々決勝はPK戦で勝ち進む。イタリアを下してW杯出場を決めたスウェーデンをも撃破し、このまま勢いに乗ってもおかしくはない。

GS戦績:G組1位
◯パナマ 3-0
◯チュニジア 5-2
◯イングランド 1-0

決勝トーナメント成績:準決勝進出
◯日本 3-2
◯ブラジル 2-1

GSは全勝で決勝トーナメントへ。日本との試合では守備の脆さを見せたがカウンターは強力。ブラジル戦では守備の立て直しや戦術変更が見られた。

2006年のドイツ大会以来、ワールドカップではヨーロッパ勢の優勝が続いていて、今大会を含め4大会連続でヨーロッパ勢が優勝することとなった

1