1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

アクションコメディから青春ドラマまで!今週末公開の「おすすめ映画」

2018年7月第二週末公開の「おすすめ映画」5作品。アドベンチャー『ジュラシック・ワールド 炎の王国』、サスペンススリラー『インサイド』、自伝小説の映画化『グッバイ・ゴダール!』、アーノルド・シュワルツェネッガー『キリング・ガンサー』、青春ドラマ『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』。

更新日: 2018年07月24日

6 お気に入り 12541 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『ジュラシック・ワールド 炎の王国』(7月13日公開)

恐竜が放たれたテーマパークが舞台のアドベンチャー『ジュラシック・ワールド』の続編。

“ジュラシック・ワールド”が存在する島で、火山大噴火の予兆が検出される。恐竜行動学のエキスパート、オーウェンは、元運営責任者のクレアと共に、恐竜たちの救出に向かうが……。

恐竜と心を通わせるオーウェンを演じるクリス・プラット、クレア役のブラウス・ダラス・ハワードらメインキャストが続投。監督は前作のコリン・トレボロウに代わり、「永遠のこどもたち」「インポッシブル」などで注目されたスペインの出身のJ・A・バヨナが務める。

映画「ジュラシック・ワールド 炎の王国」試写。今回の舞台は火山と恐竜屋敷。始まって20分くらいで緊張で体硬直。突然現れる恐竜が怖さMAX。首長恐竜ブラキオサウルスのシーンは切なくて、ぬいぐるみ欲しくなったくらいだ。4DXで見るとほぼジュラシック・ワールドのアトラクション気分を味わえそう。

「ジュラシック・ワールド/炎の王国ジャパンプレミア」試写会見てきました!こんな全編見どころの映画作っちゃってどうするんですかバヨナ監督、アレとかソレとかオーウェンのアレとか!!1回鑑賞じゃ全然足りないです今すぐもう一回見たいです! !!!おかわり 今すぐください !!! pic.twitter.com/LWyb7RkMdZ

◆『インサイド』(7月13日公開)

耳に障がいを持った女性が音のない世界で正体不明の女に襲われるサスペンススリラー。2007年製作のフレンチホラー「屋敷女」のリメイク。

交通事故で夫を失い、自身も補聴器がないと耳が聴こえない障害が残ったサラは、お腹の子どもを心の支えに生きていた。ある晩、見知らぬ女が家に侵入し、執拗にサラを殺そうとする。

ヒロインを『悪魔の棲む家』『P2』などのレイチェル・ニコルズ、彼女を追い詰める狂気の女を『マルホランド・ドライブ』などのローラ・ハリングが怪演している。

7月13日(金)公開の『インサイド』(@inside_movie_jp )の試写を観させていただきました。仏ホラー『屋敷女』元に、要素は残しつつまったく違うテイストに昇華された良ホラーでした!さすが『REC』のバラゲロ氏の脚本! また詳しく紹介させていただくと思うので、お楽しみにです…ふふふ✨ #野水映画 pic.twitter.com/oUaGnCVEm0

『インサイド』試写。妊婦が謎の女に襲われるフレンチホラー『屋敷女』のリメイク。女の正体は予想がつくし、この手の映画における第三者の扱いも定番の展開。それでも緊張感が途切れず、結構怖い!バスルームシーンは『シャイニング』を思わせる壮絶な攻防戦。古典的で見応えあるスリラー。

◆『グッバイ・ゴダール!』(7月13日公開)

ジャン=リュック・ゴダールの2番目の妻で、ゴダールの監督作「中国女」の主演を務めたアンヌ・ビアゼムスキーの自伝的小説を映画化。

19歳の哲学科の学生アンヌは映画監督のゴダールと恋に落ち、女優として刺激的な毎日を送る。だが、ゴダールは次第に革命に傾倒していく。

アンヌ役に『ニンフォマニアック』シリーズなどのステイシー・マーティン、ゴダール役に映画監督フィリップ・ガレルの息子ルイ・ガレル。『アーティスト』などのオスカー監督ミシェル・アザナヴィシウスがメガホンを取った。

「グッバイ・ゴダール!」試写。中国女→五月革命→ジガヴェルトフの時期を、こんなにポップに見せてくれるなんて。日本版フライヤーのイメージが本国版よりも作品の雰囲気にフィットしてると思えるぐらいキュートな作品。ゴダール作品のシーンをベースにした場面も多々あってニヤリとさせてくれます。 pic.twitter.com/Vj7LDZ5Hds

「グッバイ・ゴダール」試写会にて鑑賞。面白いじゃん!コメディじゃん!笑えるじゃん! ゴダールという憎めないクソ野郎が当時どのように受け止められ、彼自身は何を考え何をしていたのかが実にわかりやすく描かれ、また一種の内幕モノとしても楽しめる。様々なゴダール映画の引用も楽しい。 pic.twitter.com/hjQ5qKnnKS

◆『キリング・ガンサー』(7月14日公開)

アーノルド・シュワルツェネッガーが、自身の命を狙う暗殺者軍団との壮絶な戦いに身を投じる殺し屋にふんするアクションコメディー。

1 2