1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

◆スペインサッカー連盟は8日、イエロ監督の辞任を発表した

スペインサッカー連盟は8日、サッカーW杯ロシア大会でスペイン代表を率いたフェルナンド・イエロ氏が代表監督を退くと発表した。

緊急事態に対処するためにチームを指揮したのが、スポーツディレクターを務めていた元同国代表のイエロ氏だった。

◆イエロ監督がスペイン代表の監督に就任したのは、W杯前

イエロ監督は、ロシア・ワールドカップ開幕直前の先月13日に、同日電撃解任された前任のフレン・ロペテギ氏に代わって代表監督に就任した。

同連盟に許可を得ず、W杯後にレアル・マドリーの指揮官就任を決めたロペテギ氏に対し、ルイス・マヌエル・ルビアレス会長が激怒。衝撃の解任劇に至った。

2014年にカルロ・アンチェロッティ当時レアル・マドリー監督の下でアシスタントコーチを務めたイエロ氏だが、自身が指揮官に就任するのは初めてだった。

◆スペインは今回のW杯のグループSで1位通過するものの、決勝Tの一回戦で姿を消した

スペイン1部リーグのレアル・マドリードのディフェンダーとして活躍し、代表経験もあるイエロ氏だが、監督経験は乏しく、2010年南アフリカ大会の優勝国スペインは今大会で16強入りしたものの、

この結果を受けてRFEFは、スペイン代表とイエロの関係が終了したことを公式声明で発表している。

◆辞任を受けてイエロ監督は責任はあくまでも自分にあると、選手たちを擁護した

また、開幕前日に電撃的に就任したイエロ監督は現在までを振り返り、敗退した責任は選手ではなく、自分にあることを強調した。

「グループステージの3試合ではミスがあったけど、この試合ではなかったことを理解している。正直に言って、プレーをしたかしていないかには関わらず、選手たちは毎日プロとして行動をしていた。

彼らの監督を務めることは素晴らしいことで、ファンにも感謝している」。「自分には厳しく批判する。誰かが責任を負わなければいけないのは分かっている。そしてそれは、私だということも分かっている。」と述べた。

●このあまりにも早すぎる辞任劇に、ネット上では衝撃が広がった

イエロ監督辞任ってまじかよ。まだ1ヶ月経ってなくね?

なんだかなぁ。 イエロはもっとちゃんとした形で監督になって欲しかった。 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180708-…

イエロが20日くらいでスペイン監督辞任してるのなに

●「イエロは被害者だ」、「さすがにかわいそう」など、スペインサッカー連盟に疑問を呈する意見もあった

1 2