1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

東京で100mmを超す大雨…気になるこれからの天気予報

大雨特別警報は全て解除されたものの大気が不安定となり、今後も局地的な豪雨には要注意です。沖縄では台風に最大の警戒が必要です。

更新日: 2018年07月09日

15 お気に入り 71284 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・大雨特別警報は全て解除された日本列島

気象庁が出した大雨特別警報は全て解除されましたが、各地で土砂災害や住宅への浸水が起きていて、3万人以上が避難

JNNのまとめでは、被害は広島、愛媛、岡山など13の府県に広がっていて、死者80人、心肺停止の人が9人、行方不明の人は80人にのぼっています。

被害は企業活動にも拡大し、自動車メーカーを中心に操業停止などが相次いでいる。

・そんな中、突然東京が大雨に見舞われた

9日(月)朝は、太平洋からの暖かく湿った空気の影響で、関東南部では大気の状態が不安定

国土交通省が設置した雨量計では、東京都足立区西新井で7時30分までの1時間に50mm、埼玉県草加市谷塚上町で7時50分までの1時間に53.5mmの非常に激しい雨を観測

▼Twitterが伝える関東の様子

関東南部では大気の状態が不安定となり、局地的に激しい雨が降っています。 発達した雨雲の下では、激しい雨となっており、千葉県などでは道路冠水の報告も。 このあと昼頃まで雨雲の通り道で雨が降りやすい状態が続きます。 weathernews.jp/s/topics/20180… pic.twitter.com/7MQAFfELyN

・今後も局地的な大雨には要注意

雨雲自体は小さいものですが、その下では傘が役に立たないくらいの非常に激しい雨や雷雨になることがあります。

・そして暑さにも警戒が必要

梅雨前線は活動を弱めつつ北上するため、大雨は収まります。

名古屋は32度、東京は31度、金沢も31度、新潟32度、仙台は29度、秋田は31度で、東海や関東、北陸、東北も厳しい暑さとなりそうです。札幌は23度の予想

復旧作業はたいへんな重労働となりますので、いつも以上に熱中症に警戒が必要

・都市部ではヒートアイランド現象も

1 2