1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

民放「夏ドラマ」にも続々!朝ドラ『半分、青い。』出演者たち

朝ドラ『半分、青い。』も折り返し地点で、すでに退場したり出番が少なくなる出演者もいて残念。しかし、そんな俳優たちが出演する民放「夏ドラマ」も続々。滝藤賢一『探偵が早すぎる』、奈緒『サバイバル・ウェディング』、佐藤健『義母と娘のブルース』、高村佳偉人『チア☆ダン』、石橋静河『dele』。

更新日: 2018年09月18日

4 お気に入り 34902 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆主人公の明るい父を演じている滝藤賢一

滝藤賢一と永野芽郁

NHK連続テレビ小説『半分、青い。』で、永野芽郁演じる主人公・鈴愛の父・宇太郎役を演じている滝藤。

一家で経営する岐阜の小さな食堂の厨房担当であり、能天気でおっちょこちょいだが、持ち前の明るさは周囲をも明るくし、いざという時には頼りになる男だ。

・『探偵が早すぎる』では異色の探偵役

俳優の滝藤賢一と女優の広瀬アリスが、7月にスタートするドラマ『探偵が早すぎる』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)でダブル主演を務める。

同ドラマは第51回メフィスト賞を受賞し、ミステリー界から高い評価を受けている井上真偽氏の小説を実写化。

ほんの些細な違和感を察知し、“事件を未然に解決する”という異色探偵・千曲川光役に滝藤が起用。そんな彼のもとに、広瀬演じる父親の遺産5兆円を相続し、悪党たちから命を狙われる女子大生・十川一華を守る依頼が舞い込む…という物語。

◆主人公の親友役を演じている奈緒

奈緒(右)と永野芽郁(左)

菜生は岐阜での高校時代、鈴愛や律(佐藤健)、ブッチャー(矢本悠馬)と“梟会”を結成し、いつも一緒だった。キラキラとしたフレッシュな笑顔とふんわりした空気感で、恋愛や人生に追いつめられがちな鈴愛を温かく見守っている。

6月15日放送の第65回では、1996年のドラマ「ロングバケーション」の名シーン、瀬名(木村拓哉)と南(山口智子)が窓からスーパーボールを投げ落とす場面のパロディを、ブッチャー役・矢本悠馬と菜生役・奈緒がカツラも着けて再現。

・『サバイバル・ウェディング』では“ 戦略系愛され女子”役

2段目右から二人目に奈緒

日本テレビ7月放送の新土曜ドラマは、女優・波瑠が主演する「サバイバル・ウェディング」を放送する。

本作は、寿退社したその日に婚約破棄されてしまうヒロインが「半年以内に結婚しないとクビ!」という条件を突き付け復職させる毒舌上司のスパルタ指導の下、幸せをつかもうと恋に仕事に奮闘する、女性の痛快コメディー。

◆主人公の幼馴染役を演じている佐藤健

佐藤健と永野芽郁

主人公の鈴愛(永野芽郁)は5年ぶりに幼なじみの律(佐藤健)と再会した。律は鈴愛にプロポーズしたものの、鈴愛はそれを断り、ふたりは再び離れ離れに。

・『義母と娘のブルース』では“ダメ男”役

桜沢鈴による4コママンガ「義母と娘のブルース」が綾瀬はるか主演でドラマ化。7月よりTBS系にて放送開始となる。

1 2