1. まとめトップ

シンガポールで法人設立する時の方法や費用まとめ

シンガポールで法人設立する時の方法や費用などを比較してまとめました

更新日: 2018年07月25日

0 お気に入り 379 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

gvadaiyouさん

シンガポールで法人設立する時の費用

国内では行政書士や司法書士に依頼して設立代行をしてもらいますが、シンガポールでの法人設立はサポートを専門としている企業に依頼するのがベーシックのようです

シンガポールで法人設立する時に必要なものと所要時間

シンガポールに進出する際に選択する進出形態(会社設立の形態)は、主に「現地法人」「支店」「駐在員事務所」の3つです。法人形態を選ぶ際に最初に考えるべきポイントは、シンガポールで「営業行為」を行う予定があるかどうかです。現地法人・支店の場合は営業行為が可能ですが、駐在員事務所の場合、一切の営業行為が許されていません。

設立種別ごとにできる・できないをまとめていただいていて参考になります

必要なものは
・現地居住の取締役
・会社秘書役
・住所

設立までの所要時間は最大でだいたい22日ほどかかると思った方がいいみたいです

シンガポール法人設立のメリット

シンガポール法人設立のデメリット

関連

1