1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

イオンも逃げ出す?激安「OKストア」がネットでめっちゃ話題に

安くて品質がいい!OKストアがネットでめっちゃ話題になっています。

更新日: 2018年07月10日

62 お気に入り 87363 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■OKストア

オーケー株式会社(英: OK Corporation)は、神奈川県横浜市西区に本社を置く中堅のディスカウントセンター (DC) 及びディスカウントスーパーマーケット

関東地方を中心に展開する、ナショナルブランド食品がかなりお安く買えるスーパー「OKストア」

品質の良い商品の中から、価値のある商品・美味しい商品・鮮度の良い商品・健康に良い商品・便利な商品を慎重に選んで販売しています。

経営方針です。

2016年1月現在、関東地方84店舗、宮城県仙台市2店舗。今後も国道16号の内側を当面の出店予定地域としている。

『万一、他店より高い商品がございましたら、お知らせください。値下げします』 のポスターを掲げ、ナショナルブランド商品について、1986年以来 地域一番の安値を目指しています。

売り場は効率を考え、食料品は極力絞り込み、消耗雑貨は売れ筋の商品を中心に取りそろえる。

■スーパーマーケット顧客満足度7年連続1位

顧客満足度7年連続業界1位――そんなスーパーマーケットをご存じだろうか。

顧客満足のほか、顧客期待、知覚品質、知覚価値、ロイヤルティでも1位と高く評価された。

この調査は、統計的な手法による総計12万人以上の利用者からの回答をもとに実施する日本最大級の顧客満足度調査

なぜオーケーは顧客満足度で圧倒的な1位なのか。これは「良い商品を低価格で販売している」ということに尽きる

顧客満足2位のコストコは、今回から正規調査対象となったが、顧客期待、知覚品質、推奨意向、ロイヤルティでも2位となった。

■あのイオンですら歯が立たないで逃げ出す

イオンなど圧倒的な品数を誇る大手流通の総合スーパーが、地域に密着した地場のスーパーにしばしば売り負けて閉店に追い込まれるケースを目にするが、そうした総合スーパーから地場スーパーヘの流れを牽引する、リーダー格の企業がオーケー

出口も見えない長期にわたるスーパー不振のダウントレンドの下で、成長を続けているから、オーケーは凄い

18年3月期上期(17年4~9月)は、売上高が対前年同期比7.4%増、既存店売上高が同1.6%増、既存店客数伸長率が1.8%増で推移

確かな商品力を持つナショナルブランドに関する品揃えと価格の安さが、大きな顧客満足度を生み出している

たとえば百貨店で扱っている高品質な商品を、当社ではより低価格で購入できるといった価値を提供します。

「オーケーストア」で売っているテイクアウトピザが、めちゃくちゃコスパ高いんです。ホールサイズで500円(税別)しない安さなのに、超ウマい!

■餃子の王将の餃子50個パックがなんと「569円」

王将の公式通販では1,522円で一般販売している肉餃子の50個パックが、OKの冷凍コーナーでは業務用のものが税抜569円で販売

1 2