中国古代、春秋時代(紀元前770年~前476年)を構成こうせいする五覇ごはの一つである、斉国せいこくの宰相さいしょう(日本でいう総理大臣そうりだいじん)の管中かんちゅうは、斉せいの覇者はしゃである桓公かんこうとともに、国を治める方策ほうさくを論議ろんぎしていたとき、「善よく国を治める者は、必ずまず水を治める」と熱弁ねつべんし、水を治めるということは、国を治める上で根本的な国家の大計であると強調しています。
 つまり、水害や干かんばつによる被害ひがいは、経済発展けいざいはってんと社会秩序しゃかいちつじょの安定にとって重要な影響えいきょうを及およぼす自然災害しぜんさいがいである、これらを克服こくふくしてはじめて、農業収益のうぎょうしゅうえきの確保かくほ、国民生活の安定、天下太平、国家繁栄こっかはんえいをもたらすことができるというものです。

出典「水を治める者は国を治める」とはどういうこと?

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「水を治める者は国を治める」決して疎かにしてはいけない治水事業

日本だけでなく、古来から国の統治者は治水事業に重点を置いてきました。国を潤すため、災害から守りため。我が国は世界有数の災害国家でありますのでなおさらです。民主党政権時の負の遺産を顧みて、治水の歴史をまとめました。

このまとめを見る