1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

◆大口病院で、2人の患者が死亡した中毒死事件が急展開を見せた

横浜市神奈川区の大口病院(現横浜はじめ病院)で二〇一六年九月、入院患者二人が死亡した点滴連続中毒死事件が急展開を見せた。

うち1人の男性(当時88)を死亡させた疑いで、神奈川県警は、病院の看護師だった女(31)を7日にも逮捕した。

◆久保木容疑者は、殺菌作用の強い消毒液の『ヂアミトール』を使用し、犯行に及んだ

事件は2日後の20日に発覚。入院していた八巻信雄さん(当時88)=横浜市港北区=が亡くなり、投与されていた点滴が泡立っているのに看護師が気づいた。

翌21日の司法解剖で、殺菌作用が強い消毒液「ヂアミトール」に含まれる界面活性剤の成分が検出され、中毒死と判明。点滴にも同じ成分が混入されていた。

4階病棟には事件当時、濃縮度10%のヂアミトールがあり、看護師らが水で希釈して器具の殺菌などに使っていた。

◆1年前の取材で、逮捕された元看護師は『自分じゃない』と犯行を否認していた

そうしたことから、県警は何者かが点滴に薬剤を混入した連続殺人事件として、病院関係者などから繰り返し事情を聞き捜査を進めてきました。

神奈川署特別捜査本部は、関与した疑いが強まったとして、当時勤務していた女性看護師の事情聴取を始めた。

女は毎日新聞の17年9月の取材に対し「誰が起こしたのかわからないが、自分じゃないと絶対に言える」と語っていた。

◆しかし、6月下旬頃の事情聴取で犯行を認めた

女は6月下旬以降の任意の事情聴取に対して「点滴に消毒液を入れた」と話した。

また、容疑者は「自首しようと思ったが怖かった」と事件への関与を認めたということです。

その結果、当時、看護師として勤務していた久保木容疑者が点滴に消毒液を入れたと話したことなどから、2人のうち西川さんに対する殺人の疑いで逮捕しました。

◆また、その後の調べで、久保木容疑者は『20人以上殺した』と供述していることがわかった

逮捕後の調べで久保木容疑者は「間違いありません」と話し、殺意を持って犯行に及んだことを認めているということです。

また、「死刑を覚悟している」と話していたことがわかった。

●殺害した数が20人以上という衝撃が広がった

1年間で20人以上殺した元看護士ヤバすぎるでしょ・・・

何故看護士になったの --- 「20人前後に消毒液」=患者中毒死で元看護師−勤務時死亡は「面倒」 (時事通信社 - 07月09日 05:30) mixi.at/abrZ04C

20人以上殺したって言ってる看護師やばいなあ世紀末じゃん

1 2