1. まとめトップ

脱水予防・運動時にいいのは「ポカリ・アクエリ」のどっち?

スポーツドリンクの2大飲料と言えば「ポカリスエット」と「アクエリアス」です。この両者の違いと脱水予防、運動時にどちらを選べばいいのかをご紹介します。

更新日: 2018年07月10日

4 お気に入り 11305 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■暑い夏

7月7日は二十四節気では「小暑」。「大暑来れる前なればなり」と『暦便覧』にあり本格的な暑さの前とされています

7月8日は二十四節季の「小暑」。一年で最も暑い日とされる7月23日の「大暑」まで徐々に暑くなってくる15日間を指します

■暑くなるとその暑さや汗で体が消耗しやすくなる

ヒトは、暑い環境にいるときは、汗をかくことで体内の熱を体外へ放出し、体温を一定に保っています。前述のような体の反応を行うためには多くのエネルギーを消費する

体に熱がたまると、汗をかいたり血管を広げたりすることで体温を逃がそうとします。ところがこうして体温を一定に保つには、多くのエレルギーが必要。その消費量に対し、日ごろの栄養補給や休養が追いつかないことが夏バテへとつながります

暑い中では、トレーニングの効果が上がらず、体力も消耗します。熱中症事故防止とともに、効果的なトレーニングという観点で、水分補給や運動スケジュールを考えましょう

■その消耗を補う手段の一つとしてスポーツドリンクがある

水分は酵素や栄養素を運んだり、老廃物を排出する働きなどがありますが、運動時は特に体温調節で大きな役割を果たします。

水分補給に代表的なのがスポーツドリンクのような飲料です。 また、それは浸透圧の違いにより、アイソトニック飲料やハイポトニック飲料に分けられ、どのような時に適するか、それぞれの特徴があります

夏の暑い時期や冬場に暖房が強くて暑さを感じる時など汗ばむ程度であればお水を飲む量を少し増やす程度で、短時間にたくさん汗をかいた時にはスポーツドリンクを飲んでも良い

■代表的なスポーツドリンクとして「ポカリスエット」と「アクエリアス」がある

さて、スポーツドリンクと聞いてあなたが思い浮かべるのはなんでしょうか。今頭の中にあるのは、青いパッケージ?

スポーツで汗を流した後は、スポーツドリンクを飲むのが一般的だ。そのスポーツドリンクの中で人気を二分しているのが、ポカリスエットとアクエリアスだろう。

体液に近い成分の電解質溶液の飲み物には、代表的な2大飲料コカ・コーラの「アクエリアス」と、大塚製薬の「ポカリスエット」がある

■両者の何が異なるのか?まずはポカリスエットの特徴から

7種類のドリンクのうち、ナトリウム濃度が一番高いのは『ポカリスエット』で、低いのは『健康ミネラルむぎ茶』です。

ポカリスエットの場合はナトリウムと炭水化物が多めに含まれています。このことによって、食事が思うようにできなくてもポカリスエットを飲むだけでエネルギーも摂れる

また、生理食塩水に似ているため汗をかいた時になくなる水分を補ってくれます。 体調がよくない時や風邪を引いた時、熱が出た時などに飲むと良い

水分補給として一度に大量の水を摂取すると、かえって体内の電解質バランスを崩して体調不良を引き起こしてしまいます。飲む量は、かいた汗の量を目安にし、汗で失われる塩分(ナトリウム)もきちんと補給しましょう

汗には、水分だけでなく塩分も含まれており、この両方が失われることで脱水症に。脱水症を放っておくと、熱中症、熱射病へと症状が移行

長時間のスポーツなどで失われた糖分を補い、エネルギーを補給するために砂糖などを加えると、水分や塩分の吸収が良くなる上に、疲労回復にもつながる

■次にアクエリアスの特徴

1 2