1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

これまでの五輪になかった問題「ネット通販ひかえて」東京五輪への対策が進む

これまでのオリンピックでなかった問題に東京五輪が直面しています。インフラの未発達ではなく、増加するネット通販など現代に即した問題点です。今回東京五輪に向けた交通・物流問題についてまとめました。

更新日: 2018年07月10日

13 お気に入り 42019 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼できる情報を一生懸命まとめました。

matomato2000さん

2020年東京オリンピック 交通・物流問題に直面

東京2020大会は、成熟国家となった日本が、今度は世界にポジティブな変革を促し、それらをレガシーとして未来へ継承していく

選手村を会場配置計画の中心に設置して約9割の競技会場が8km圏内に配置されるなど、移動時間の短縮が可能なコンパクトな配置計画となっている。

北京五輪の時はただでさえ普段から渋滞が止まないような公道の一車線が五輪専用道路として一般車通行禁止になってた。

オリンピックむけ人員の集中による渋滞、電車の混雑を ”時差通勤しろ、休暇取れ、通販使うな、道路は流入制限するよ” 的根本対応ではないところで対応したとして、それを”レガシー”って言えるんだろうか。

時差通勤促進、専用ルートなど対策も続々出ている

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの交通混雑緩和を目指し、時差出勤を促す東京都の「時差ビズ」キャンペーンが9日、スタート

選手村~各会場間にオリンピック・ルート・ネットワークを設定し、「バス・乗用車」で輸送

24時間運行している約5万2000台のタクシーや都内を走る都営バスなどの交通システムの充実性を示したほか、選手村の最寄り駅となる都営地下鉄大江戸線の勝どき駅の改築も規定している。

五輪って言ったって普通に仕事とか学校あるのに交通量減らすとかどうやんの 分散させて渋滞を緩和させるとかも無理な話だと思うんだけど

さらに異例のお願い「ネット通販ひかえて」

『クリックしないでください』とは言えないのですが、たとえば大会期間の前に必要なものを納めていただき、不要不急のものは大会後に注文していただくなど、みなさまにご協力いただければ

オリンピックで物流網が渋滞するから通販控えてって判断が逆なんだよな。 物流網を強化するために道路をきちんとするなり高速拡大するなりリソースを強化するが答えのはずなのにね。

大手物流、通販会社も五輪を成功させたいという思い

楽天グループは、インターネットを通じて、人々と社会を"エンパワーメント"することを経営の基本理念としています。スポーツの持つ活力やエンターテイメント性により社会をエンパワーメントしたいという思い

東京都内だけで700カ所以上の集配拠点をフル活用し、東京2020大会に向けて世界中から集まる多様かつ大量の荷物を、キメ細かく、正確に輸配送します。

運送業、オリンピック期間はどう移動ルートを変えるかで頭悩ましてそう

1964年東京オリンピック時は逆にインフラ整備を加速させた

1964年東京オリンピック大会(1964年大会)に向け、5年余りの準備期間で東京を中心に大規模なインフラ整備が実施され、多くの良質なインフラストックをもたらすこととなった。

東京オリンピックの開催に向けて、競技用施設から選手村、公共交通機関などのインフラストラクチャーや観戦客を受け入れるためのホテルに至るまで、東京都内のみならず日本各地において種々の建設・整備がなされた

かつての東京五輪は交通網を整備出来たという利点があったけど今の時代はその整備した交通網が五輪のせいで使い物にならなくなるのか

かつての東京五輪は日本全国的な道路交通網の整備が行われたけど、2020の東京五輪は国立競技場以外はむしろ制限かけられてマイナスになっているような

1 2