1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

週刊少年ジャンプで掲載されている斉木楠雄のΨ難です。

人物紹介

登場人物のほとんどが超能力の名前に由来する個性豊かな方たち。

瞬間移動、テレパシー、サイコキネシス、透視、予知、千里眼、幽体離脱、空中浮遊などが出来る超能力者。
子供の頃の経験により超能力を使うことを避けるようになり、それを人に知られないように周囲から適度な距離をおきながら暮らしている。

すごいケツアゴ、すごい髪型とすごい容姿であるためかクラスメイトに避けられている。
楠雄のことを相棒と呼んでいる。
とてつもない馬鹿なため斉木でさえ燃堂の思考を読むことができない。

中二病のためクラスメイトに避けられている。
斉木のことを中二病仲間と思っているためよく絡んでくる。

クラスの学級委員長。どんなことでも全力で熱血に取り組むため、誰からにも好かれている。
驚異の身体能力を持つ燃堂をライバル視している

すれ違う人全員が振り返り、話しかければ「おっふ!?」してしまうほどの美貌を持つ完璧美少女。
彼女の周りに謎の光がまとっている。

クラスに転校してきた元ヤンキー。普段は真面目を装っているが、怒らせると掃除用具入れのロッカーで殴る(友達にはしない)ほどのヤンキーっぷり。
元ヤンのためか非常に義理堅い。

幽霊を見たり、幽霊と話すことができる霊能力者。
超能力でやりたい放題生きるため、楠雄に弟子入りを志願。
正真正銘のクズ。

運命の人に会うために転校してきたギャル。
人を占って運勢を当てたり、人のオーラを見れたり不思議な能力を持つ超能力者。

世界有数の大財閥の御曹司の常識はずれの転校生。
秒速で億を稼ぐと自分で言っているが、実際稼いでいるのは親。

面白いシーン

体育のドッジボールでボールを1発投げたあとのシーン。

どんなに頑張っても開始1分でこんなに汗はかけません。
どれほど情熱にやっているかがわかります。

海藤が水深5cmで溺れていたときに灰呂が飛び込んできたシーン。

灰呂「ハァァァァァー!!」
斉木「飛び込む深さじゃないだろ」

人混みの中斉木に気づいたシーン。

首が180度曲がります。

体育祭で使う台座に根性を求めるシーン。

灰呂「お前昨日までちゃんと立ってたじゃねぇかオイ!立てよォ!台座!」
斉木「台座に根性求めるな」
灰呂「どうしてあきらめるんだそこでェェーー!」

木材を買いに行ったと思ったら、丸太ごと持ってきたシーン。

体育祭で負けたため坊主にしてきた海藤。坊主よりスキンヘッドの方が中二病っぽいためスキンヘッドにした。

斉木「お前(海藤)やったな~・・・」

幽霊の燃堂父が斉木にかまってもらいたく3時間斉木にちょっかい出し続けたシーン。

斉木「よろしい戦争だ」

胸にボールを入れたままハンドボール投げをしてる燃堂。
これで51m飛ばした。

胸にボールを入れたまま反復横跳びをした燃堂。
記録は81回

斉木「巨乳というか三角筋がもの凄い人になってるな」

胸にボールを入れたまま長座体前屈をしてる燃堂。
記録は34cm。

燃堂「ぐっ・・・く・・・くっ・・・」
灰呂(巨乳がつっかえてる!!)
燃堂「あーー!邪魔だオラァーー!」
斉木「いや取れよ」

女の子が捨てたジュースをゲットした鳥束。

鳥束「おれだって異能力者のはしくれ、女の子の1人や2人くらい・・・簡単にゲットしてみせますよ・・・!」
斉木「それはゲットしちゃだめだぞ」

クラスの打ち上げでレストランではなく、ヤクザの事務所に入ろうとするシーン。

ヤクザ「そこのガキ、何見てやがる?消えろ」
燃堂「おー、客に向かってなんだその態度は?」
ヤクザ「ここはガキの来るところじゃねーぞコラァ!」
燃堂「ささっと組のところまで案内しろやァーーー!」
斉木「3組な」

コンビニの店長の命を助けてくれたお礼にバイトをさせてくれている燃堂。

燃堂「おー、全部で500円っつーところだな」
海藤 亜蓮(レジ打ちすれできてねぇ!)
その後店長は命の恩人である燃堂をクビにした。理由は2日間でレジ破壊3回、顔が怖い、急にカラーボールを当てられたなど。

カラオケで燃堂が歌ったときの他の人の様子。

レバーがあがったままジェットコースターに乗る斉木父。

調理実習の時間薄力粉を適量入れる時、海藤は3つまみ、灰呂は袋ごと全部入れたときについた名前「大胆さの灰呂」「繊細さの海藤」
その後灰呂はクレープの生地に根性をもとめてしまう。

灰呂「もっとあつくなれよォォーーーー!!」

燃堂が斉木空助(兄)に悪口を言われた時の様子。

斉木「一体何を言われたんだ・・・?」
燃堂「お前の母ちゃんでべそって・・・くっ・・・」
斉木「それだけ!?」

斉木、海藤、燃堂、窪谷須、灰呂の変顔。

燃堂へのラブレターかと思ったらただの部活勧誘だったシーン。

1 2 3