1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

◆元スペイン代表のフェルナンド・トーレスがサガン鳥栖に移籍することが発表された

10日午後、元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが「サガン鳥栖に移籍する」と公式発表した。

MLSのシカゴ・ファイヤーやAリーグのシドニーFCなど海外の複数クラブが獲得に乗り出していましたが、サガン鳥栖が争奪戦を制しました。

◆トーレスは、移籍金がゼロになるボスマン・プレーヤーになることから、オファーが殺到

夏には移籍金ゼロのいわゆるボスマン・プレーヤーとなるだけに、世界的な知名度のあるカリスマの元には好条件のオファーが殺到していた。

5月末にはJリーグが公式ウェブページでフェルナンド・トーレスのサガン鳥栖加入を発表したものの、同記事はすぐに削除され、誤解を与えた事を謝罪していた。

この発表によって契約が難航した。J公式サイトによる先行露出が原因だといい、クラブに不信感を抱いたという。ここ最近トーレス側と連絡も取れず「危機的状況」に陥っているとしていた。

◆背番号は、トーレスが代表時につけていた『9番』

会見での発表に続いて、鳥栖の公式サイトにもF・トーレス加入の正式発表が掲載された。背番号が「9番」となることも発表されている。

鳥栖では現在、FW趙東建が9番を背負っているが、これは変更されるとみられる。

会見に出席した鳥栖の竹原稔社長は「スペインの“神の子”フェルナンド・トーレスをサガン鳥栖に迎え入れられることを幸せに思いますし、この縁を大切にしたい」と喜びを語った。

◆F・トーレスは、『家族とサポーターに感謝したい』と喜びを口にした

アトレティコ・マドリーを昨季限りで退団していたF・トーレスは、前日に予告していた通り、現地時間10日にマドリードの自身のスポーツジムで開いた会見で移籍先を発表。

「家族とサポーターに感謝したい。とても熱心に誘ってくれた。Jリーグに加入できて嬉しい。アジアはいつも好きでした。鳥栖の手助けができることを嬉しく思う」

「再び欧州のクラブでプレーすることは考えられなかった。まったく別の場所で、新たな挑戦がしたかった」とコメントした。

●この朗報に、ネット上では歓喜の声が多くあげられた

イニエスタとトーレスがjリーグで見られるとか、やばい。 楽天にcygamesは持ってるなー

サガン鳥栖ありがとうトーレスが日本に来るなんて❗めっさ嬉しい‼️鳥栖の皆さんが羨ましい‼️

トーレス師匠、破談じゃなかったのかよw まあめでたいっちゃめでたい。日本サッカーへの注目度が世界的に上がってる状況だけに、これは良いニュース。

トーレス破談になったと思ったのに 来年になったら絶対見に行こ

1 2