1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

■まず結婚指輪を買いたい人の生の声

■結婚指輪をつける、人つけない人どっちが多いの??

夫婦関係を聞くにあたって、アンケートではまず、日本ではまだ50年程度と比較的歴史が浅いものの、結婚時に購入するアイテムとして広く浸透している結婚指輪について、普段もつけているかについて聞きました。

その結果、36.5%が「普段からつけている」と回答しました。残りは、「結婚5年未満で普段からつけなくなった」が14.3%、「5年以上10年未満でつけなくなった」が9.9%、「10年以上20年未満でつけなくなった」が7.7%、「20年以上してつけなくなった」が2.0%、「ほとんどつけたことはない」が25.3%、「購入していない」が4.2%でした。

結婚指輪をつけてない人の割合が6割を超えているとは・・・

■つけてない人の意見をまとめてみました!

①入らなくなった・・

結婚後、妻の手料理が美味しくてつい食べ過ぎてしまい、体重が増加してしまった。妊娠・出産を通して、夫からウンザリされるくらい見事に太ってしまった。

このように、結婚指輪を作った時よりも体重が激増してしまい、結婚指輪をつけたくてもつけられない人も中にはいらっしゃいます。

つけない派の本音で1番多いのは、実は体重増加によって指輪が入らなくなってしまったという方なのです。

この場合は、「つけない派」というよりは「つけられない派」という方が、しっくりきますね。

私の母も、私がお腹の中にいた時に体重が増加してしまい、指が圧迫されすぎて結婚指輪を切ることになったそうです。その後、子育てに追われて忙しくしている間に、結婚指輪を作り直すことなどをせずにここまで来てしまっています。
同時に、若い頃からほとんど体型の変わらない父もいつの間にか結婚指輪を外してしまったようです。確かに、どちらか片方だけするのは少し寂しいものがありますね。

②家事や仕事の邪魔になる

・家事をする時やお風呂に入る時に、いちいち外すのが面倒くさくなり、大事にしまっておくことにした。(東京都・35歳女性)
・子供が産まれる前までは指輪をしていましたが、子供を看る時に衛生面を考え外していたら、いつの間にか外したままになりました。仲が悪くなってしていない訳ではありません。(京都府・48歳男性)
・指輪を傷付けてしまうのと、結婚してやせたので指輪が外れやすくなってしまい、失くしそうになった事があったので。(愛知県・40歳女性)

男性たちが毎日結婚指輪を身につけない理由は、実に様々であることがわかりました。最も多かったのが「仕事の邪魔になってしまうから」というものでしたが、美しさをキープするためにあえて外している男性もいるよう。

③アレルギーだから・・・

『金属アレルギーかもしれないから。かゆくなるわ、ぶつぶつはできるわ……。でも最近歯医者に行って気づいたんだけど、虫歯を金属で治しているんだよね。うーん? 手だけアレルギーってこと? じつは主人もつけていない。』

金属アレルギーを持っていて、長時間指輪を付ける事が出来ないからいらない。

それに、指輪って邪魔だと思うんです。

家事をする時とかお風呂に入る時とか、、、傷が付きそうだし邪魔。

そして、結婚指輪してる人って自慢してるような感じがするっていうか、なんか嫌らしい感じがするから、自分は結婚しても結婚指輪はしたくないと思っています。

旦那にもしてほしくはありません。

結構、仕事に支障が出ると思うんです。

仕事に既婚か未婚かなんて関係ないから、職場では絶対指輪はしない。

■それでは結婚指輪を付けている人の意見は?!?

結婚指輪をしている人の多くが「結婚している証」としてつけるのが当たり前と考えているようです。また「せっかく買ったのでつけないともったいない」、「奥さんに指輪をつけるよう言われている」という声も聞こえました。

「お互い初心を忘れずに、誓い合った気持ちを指輪に刻み込めるから。ふと、指輪をなでている自分がいます」(35歳)

彼氏くんとおそろいの物が増えていくのは嬉しいけど1番ほしいおそろいの物は結婚指輪。

昨日遅くに結婚指輪のオーダー依頼が来たがイベントで無理だとお断りした。特別な人のための指輪を作るために私を選んでくださったのにイベント優先した自分にムカついた。お祝いに差し上げたvigroの指輪の力で彼が大切な人を守ることができたら嬉しいな。

そもそも結婚指輪 買ってもらえることが嬉しい。 その気持ちで充分だったりするんですよ。

1