1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

キユーピーマヨネーズに大変革!!なんと16年ぶり。一体何が!?

キユーピーマヨネーズと言えば、マヨネーズの王様ですが、この度16年ぶりに大きな変革があったようです。それは現代の世相を大きく反映したもので、重要な変化と言えるのかもしれません。この変化にネットは大歓喜の模様で、今後魅力的な料理が出そうですね。

更新日: 2018年07月10日

17 お気に入り 21488 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

キューピーマヨネーズが変わった

キユーピーはマヨネーズの容器についているキャップの穴を1つから3つにする。350グラム入り商品のみで8月3日以降、全国で順次出荷する。

庶民に大人気のマヨネーズに何があった?

「3つ穴キャップ」とは、キャップを開けると3本の線描き、キャップを外すと星型の絞り口を使える新開発のキャップ。

なんと16年ぶり

ここのCMは魅力的なものが多いですが。新しいCMはどうなるのでしょうかね?

今年はキューピーマヨネーズが90周年とかで、時々マヨネーズにオマケがついてたりします。中でも3つの穴がついてる替えキャップは嬉しいオマケでした。太くても細くてもマヨの味は変わりませんが、なんだか新鮮。

時々おまけでついていることがありました。その反応を勘案しての判断のようです。

これによってどういうプラスがあるのか?

来の「1つ穴」に比べて今回の「3つ穴」はサイズも小さくなっており、より細いマヨネーズの“3本線”がサラダなどの上に描けるようになる。

「3つ穴キャップ」とは、キャップを開けると3本の線描き、キャップを外すと星型の絞り口を使える新開発のキャップです。従来のダブルキャップ※の、細口・星型の2通りに絞り出せる機能はそのままに、細口の穴を3つにし、径を小さくすることで、線描きの楽しさをさらに向上させました(写真左下)。サラダのほか、お好み焼きやパン、丼などにまんべんなく線描きすることで、料理を見映えよく演出できます。

谷川さんによるとキャップの穴を増やす理由は2つ。「まず小さい子どもがマヨネーズを料理にかける際に楽しめるようになると考えた」(谷川さん)。オムライスにケチャップで字を書くように、子どもが白いマヨネーズで模様を料理の上に描いてもらうことでマヨネーズの味だけでなく「かける楽しさ」もアピールするという。

子供も楽しめるのはいいですよね。

お洒落だけでなく、少子化問題は日本にも来ているのですね。

キユーピーのマヨネーズのような、誰もが知る長寿ブランドだからこそ抱える「ユーザーの高齢化」という問題。少子高齢化が進む日本の市場では、メーカー側によるブランドの“若返り”が重要だ。見た目は小さくて浅い、でも深いキユーピーの「穴」に込めた取り組みがうまく“ハマる”か注目される。

ネットでは歓喜の声多数

キューピーマヨネーズさんの穴をひとつから3つ(穴の大きさは三分の一)にするらしいけど、残念ながら350gサイズのみの適用らしい。是非ゼロにも付けてくださいませ。

今後付きそうですよね。

キューピーマヨネーズの穴が8月から3つになるらしいけれど、我が家には既にあります。 pic.twitter.com/EF59Oem214

期間限定でついていた時期がありました。

キューピーマヨネーズが三つ穴になるらしい!!早く使ってみたい

『キューピーマヨネーズ 穴を三つに』 もう、別売にすれば良いじゃん。アタッチメントで良いじゃん。

キューピーのマヨネーズが3つ穴になるってどーでもええけどなんか嬉しいな

こんな意見も

マヨネーズを出す穴が3つに!インスタ映えするかは分からないけど、便利そう!でもキューピーには、穴の周りに残るマヨネーズの対処を検討して欲しい。 mainichi.jp/articles/20180…

キューピーマヨネーズの穴3個になったら、お絵かき出来なくないか?お好み焼きには綺麗そうだけど。

キューピーのマヨネーズの穴が3つになるんやって。インスタ映えを意識して。使い勝手を考えたら1つ穴の方が良さげなんだけど・・・。 mainichi.jp/articles/20180…

1 2