1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

新天地はイタリア…ロナウドがユヴェントスへ電撃移籍

レアルマドリードのエースとして長らくクラブの栄光を支えてきたクリスティアーノ・ロナウドがイタリアセリエAのユヴェントスへ移籍することが明らかになりました。

更新日: 2018年07月11日

6 お気に入り 22772 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■クリスティアーノ・ロナウド、ユヴェントスへ電撃移籍

レアル・マドリードは10日、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがユヴェントスに移籍することで合意に達したと発表した

複数報道によれば、移籍金は1億ユーロ(約135億円)と伝えられており、選手とは年俸3000万ユーロ(約39億円)の4年契約で合意したようだ

来週中にもメディカルチェックが行われ、正式に移籍が完了することになる

■レアルマドリードは公式サイトで、ロナウドからの手紙を発表

「レアル・マドリーでの日々、マドリッドの街で過ごした時間は、僕の人生においておそらく、最も幸せだった。」

「受け取ったものには非常に感謝している。ただ、人生において、新たなステージに行く時が来たと思った。そしてクラブに、移籍を受け入れてくれるかと尋ねた」

「Rマドリードからは去るけれど、ユニホームやトロフィー、サンティアゴ・ベルナベウ・スタジアムは、それまでいた時と同じように感じ続けるだろう。」

■白い巨人のエースとして長らくチームを支えてきたロナウド

■しかし、シーズン終了後には移籍を仄めかしていた

「レアル・マドリードでプレーできたのは“本当に良かった”」と意味深発言を残し、これが退団を示唆したものではないかと大きな話題になっていた

クラブと問題を抱えていることを明かし、新契約を断っていたことが明らかとなった

■その理由は…ロナウドならではのプライド?

メッシやネイマールに劣る年俸に不満を抱えていた

ロナウドは、バルセロナFWリオネル・メッシ、パリ・サンジェルマンFWネイマールの約半分となる年俸2100万ユーロ(約27億円)に不満

このポルトガル人選手は、自分こそがレアル・マドリード史上最高の選手だと自負している

1シーズンで5000万ユーロを受け取るとも報じられるバルセロナFWリオネル・メッシや、パリSGFWネイマールと同じ水準の年俸額を求めている

常にスター選手を狙うクラブの方針に不信感も

1 2