1. まとめトップ

安いがおいしい料理に化ける天かす・揚げ玉

揚げ物の副産物で、安価で入手できるが、幅広く料理に活用できる天かす、揚げ玉の利用法紹介。

更新日: 2018年07月11日

2 お気に入り 273 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

安くて使いやすくて大好きです。

moepapaさん

天かすとは

天かす(てんかす、天カス、天滓とも書く)とは、天ぷらを揚げる時に生じる揚げかす(天ぷらのカス)のことである。食品廃材として廃棄される一方、揚げ物と同様の風味、油のコク、食感があるため、他の料理の添え物や材料として利用されることもある。
揚げ玉(あげだま)とも呼ばれるが、天かすと揚げ玉では細かな違いがある。

天ぷらを作る際には、天ぷら種につけた薄力粉と溶き卵と水からなる液状の衣のうち、油に入れる際に種から離れた残り物が「天かす」である。繰り返し天ぷらを揚げる際、天かすを油に残したままだと焦げることから、金網等を使ってすくい取る。天ぷら屋ではこの揚げカスが大量に生じ、またこの天かすは油の酸化がすすみやすく保存に向いていない事から、食品廃材として廃棄することが多い。

他方、料理で使用するために、料理の一具材として揚げ玉を作る事は手間がかかる。そうしたことから一定の需要があり、天麩羅屋やそば屋やなどの飲食店、スーパーマーケットや総菜店で揚げ玉が商品として製造販売されることがある。味を良くするために、小エビなど細かい具材を使用して作る商品もある。これらの具専用に作られた揚げ玉をかけそば・かけうどんに載せることで、たぬきそば・たぬきうどんとなる。

おいしい天かすグルメ

料理にこってり感とひと味加えてくれる便利食材です。

1 2 3