芸術家・岡本太郎が愛して止まなかった縄文の美。考古学の研究対象としてではなく、芸術作品として改めて見直そうという「縄文」展。

出典東京国立博物館 特別展「縄文—1万年の美の鼓動」– Libera(リベラ)| Web Magazine for Travel Entertainment + Beyond

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【国宝】縄文土器から球体関節人形まで!8月開催の「美術展覧会」

2018年8月開催中の注目の展覧会まとめ。弥生美術館『文豪・泉鏡花×球体関節人形~迷宮、神隠し、魔界の女~』、東京国立博物館『縄文―1万年の美の鼓動』、東京ステーションギャラリー『生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。』、サントリー美術館『琉球 美の宝庫』、東京都美術館『没後50年 藤田嗣治展』

このまとめを見る