1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

松本智津夫元死刑囚の遺骨は「海に散骨」‥四女側の意向に様々な声

オウム真理教の元代表松本智津夫元死刑囚の遺骨について、元死刑囚が引き取り先に指定したとされる四女の代理人が11日、「海に散骨する」との方針を明らかにしました

更新日: 2018年07月12日

16 お気に入り 92776 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

● 6日に死刑執行されたオウム真理教元代表・松本智津夫元死刑囚

オウム真理教の元代表、麻原彰晃(本名・松本智津夫)死刑囚の刑が執行された。

松本死刑囚の死刑は2006年に確定した。他の元教団幹部の裁判はその後12年間続き、松本死刑囚以外に12人の元幹部が死刑判決を受けた。

同日朝のマスコミ報道を受け、菅義偉官房長官は同日午前の記者会見で、「死刑執行の報告は受けている」と認めた。

・一連のオウム事件で、松本死刑囚の執行が最初となった

2006年9月の死刑確定から11年10カ月。日本社会を大きく揺るがし、

裁判で「首謀者」と認定された教祖の刑執行は平成の事件史に刻まれる節目となる。

●ほか、法務省は6日、井上嘉浩死刑囚ら6人の死刑執行を発表

ほかに井上嘉浩(48)、新実智光(54)、中川智正(55)、早川紀代秀(68)、土谷正実(53)、

遠藤誠一(58)の6死刑囚の刑も東京、大阪、広島、福岡の各拘置所で執行された。

●上川大臣は、死刑執行命令書の署名は、7月3日だったと明かした

死刑執行命令書に署名したのは7月3日だったと明かした上川大臣。

「個々の死刑執行の判断に関わることなので、お答えについては差し控える」とし、死刑囚たちの執行時の様子、松本死刑囚の精神状態、遺体の引き渡しなどについて同様の回答を繰り返した。

●9日には、松本元死刑囚が府中市の葬祭場で火葬された

【オウム真理教】松本智津夫元死刑囚らの遺体火葬へ、引き渡し先決まらず news.livedoor.com/article/detail… 法務省は四女の代理人と話し合いを進めているが、三女らは松本元死刑囚の妻に遺体を渡すよう求めているという。 pic.twitter.com/nTrb3V0wjd

6日に死刑が執行されたオウム真理教の松本智津夫元死刑囚=執行時(63)、教祖名麻原彰晃=の遺体が9日、東京都府中市の葬祭場で火葬された。

松本元死刑囚の遺体を巡っては、死刑執行直前に松本元死刑囚本人が四女に引き渡すよう口頭で意思を示したとされ、四女側に引き渡す方向で調整していた

関係者によりますと、遺体の引き渡し先が正式に決まらないため、法務省は遺体が傷む前に火葬し、遺骨は東京拘置所でしばらく保管するという

●そんな中、松本元死刑囚の四女・代理人が「海に散骨する」との意向を示した

元死刑囚が引き取り先に指定したとされる四女の代理人の滝本太郎弁護士が11日、「海に散骨する」との方針を明らかにしました。

・代理人によると、2011年から法務省に松本元死刑囚の遺体を四女に引き渡すよう上申してきたという

1 2 3