1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

W杯戦士の海外移籍!植田直通の強さはあの格闘技がベース

ロシアW杯後の日本代表から海外移籍第一号となった植田選手。対人能力の強さがウリでバックボーンにはあの格闘技経験が大きい選手です。移籍で注目を集める植田選手についてまとめました。

更新日: 2018年07月12日

4 お気に入り 15206 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼できる情報を一生懸命まとめました。

matomato2000さん

ロシアW杯組 初の海外移籍!植田直通ベルギー1部移籍

サッカー日本代表DF植田直通(23)=鹿島=がベルギー1部のセルクル・ブルージュから獲得オファーを受け、完全移籍

個の局面で勝てれば失点を防げた場面もあったと思う。もっと意識高く、個の準備をしていかないといけない。局面に対して、自分が止めてやるという気持ち1つで変わってくると思う

W杯16強に進出した02年日韓大会、10年南ア大会直後は国内組登録メンバーの欧州挑戦が9例あり、今大会後も日本の奮闘ぶりが欧州スカウトの注目を集めている。

鹿島の日本代表DF植田直通がベルギー1部セルクル・ブルージュ大筋合意!! 植田は元リオ五輪日本代表として五輪出場 ロシアW杯メンバーにも選ばれ、出場はなしも肌で世界を感じた23歳 高い身体能力が持ち味で競り負けない 186センチと上背もあるので吉田麻也に継げるか pic.twitter.com/ze3Ib78WVP

植田も海外移籍か!CBの海外組は多くないから息長く活躍してほしい!

対人能力の強さがウリ

186cmの長身と抜群の身体能力を誇るセンターバック。フィジカルと対人戦、空中戦の強さに自信を持ち、「フィジカルなら海外の選手にも負ける気はしない」と自負

速さ、強さ、高さと3拍子揃い、自陣ゴール前で絶大な存在感を放つ。また正確なフィード備え、ピンポントのロングパスで、攻撃の起点にもなる

植田ベルギーか!まだセンバやと若いしとりあえず対人強くなってくれー!楽しみ

想定外の2-0になってしまったことにより、試合運びが難しくなった印象。西野さんも誰を交代させるべきかの判断が遅くなったというかできなかった。 結果論だけど、対人強い槙野or植田を交代でいれていたら失点のどれかは防げていたかもしれない。

絶大な対人能力はテコンドーがベース

小学生時代にはサッカーとテコンドーの両方に打ち込み、テコンドーでは世界大会にも出場した根っからのファイター。サッカーに専念するようになったのは中学から

小学生時代にテコンドーを始め、小学3年生の時には小学生部門全国第3位になった他、中学時代には日本一、さらに、世界大会にも出場

元テコンドー選手植田くんを沢山鍛えてもっともっと大きくして世界へ羽ばたいて欲しい

フィジカル勝負になるなら、テコンドー日本一になったことのあるアントラーズ植田が見たいぞ。

対人能力以外でもさらに進化

本職のセンターバックでだけではなく右サイドバックでもプレーし、汎用性の高さも示している。

植田って何気に海外で揉まれた方が成長する気がする。 対人強いから、競り合ったあとのボールをうまくさばく能力を身につけたらどうなんかな?(個人的文責)

そういえば、ハリルさんは植田選手を右サイドバックで試していましたね。リードしていて、相手が放り込んできた場合のオプションだったのかもしれません。

みんなの期待も大きい

悔しいW杯を経て 植田は海外へ 鹿島ファミリーは快く送り出したい 活躍を期待する #鹿島アントラーズ twitter.com/fsntweet/statu…

植田マジで世界に揉まれて成長すること期待してる…!某選手みたいに半年でお帰りは絶対やめてくれよ…

1 2