1. まとめトップ

ゾワっ…Twitter発『一瞬で鳥肌が立つゾッとする話』12選

ゾッとする感覚によって一瞬のうちに鳥肌が立ってしまう報告を様々なジャンルから集めました。

更新日: 2018年07月12日

13 お気に入り 110488 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Twittterユーザーの皆さんによる、一瞬のうちに鳥肌が立ってしまう”ゾッとする話”を様々なジャンルから紹介します。

justastarterさん

◆『部長』への連絡

「嵐でさ、避難勧告とか出ててさ」 「うん」 「会社行けませんって部長に連絡したらさ」 「あーそういう話、うん」 「嘘つけ!出勤しろ!ってきてさ」 「うん」 「で、辞めてやるって思ったんだけどさ」 「うん」 「その部長さ」 「うん」 「その前日に交通事故で亡くなってたんだよね」 「…うん?」

@Assorted_fruits @saya0kurishina 自分は高校三年生の時、バイクの事故で亡くなった知人の葬式終わって、夜中なのに二階に上がる時、姉の所にある電話がなった。直感的にあ、あいつだと思った。姉はまだ俺は帰ってきてないと受話器置いた。次の日亡くなった知人から電話あったよと。そいつ亡くなった話したら蒼ざめてた。

@Assorted_fruits 朝、勤め先の倉庫のシャッター開けたら奥で人影が。「すみません、誰か倉庫にいるんですが、怖いんで来てもらえますか!」事務の人が「あんた見える人?」何かわからず一緒に倉庫へ。「あーまた、出勤したのか。彼、去年仕事中亡くなって時々いるみたい。」祈祷師が来る。

◆『夫の職場』で問題になっていること

夫の職場に、深夜夫の生霊が複数回出ているらしく(本人はちゃんと帰宅している)問題になっている

@eshi_ko もしかしたら、思いの強さなのかも。 昔、知り合いに元カノの生き霊が出るというカップルがいましたが、元カノ本人には身に覚えがないそうでした。

◆『連れの女』

「連れの女がいないんだけど、帰った?」とお電話が御座いました 私のホテルでは先に1人でお帰りになることが出来るのでこのようなことは間々御座います しかし問題なのはこのお客様が最初から1人で利用されているということ 私達に見えない女性がいたのか酔っていたのか。一体どちらでしょうか?

◆『ゾッとする本』

「さよならドビュッシー」で有名な中山七里の小説に「切り裂きジャックの告白」というめちゃくちゃグロい推理小説があるんですが、あの表現の細かさで臓物が飛び出てるところとか描写してあってほんとグロいんですけど→ #夏だしフォロワーさんの怖い話教えてください

何より読んでて怖かったのは、途中から現代で稀に見る大乱丁本だったことです。 途中30ページくらいが逆さまになっていてゾッとした。そんな大乱丁だとその発行分何冊かも乱丁になっているのかなって思って調べたのになにも出てこないのも怖い。 #夏だしフォロワーさんの怖い話教えてください pic.twitter.com/loO5wfAEay

◆とある『怪談』

この間聞いた怪談が非常に良かった。まだ物心つく前の子供が「何か忘れてる気がする」と言ったら、「忘れてないよ、終わったよ」と言わなければいけない。この忘れてる記憶というのがまだこの世に生を受けてない魂だけだった時に、何か「悪いもの」と「約束」をした可能性があるのだという。

子供がこの世に生を受けてその約束を思い出してしまうと、その悪いものとした約束(自分も周りの人間も巻き込んで不幸なことになる行為)を本人の意思とは関係なく必ず遂行してしまうらしい。そしてこれは呪いではなくあくまで「約束」なので、神職の人に祓ってもらうこともできないらしい

なので肝心なのは「約束を思い出さないこと」。思い出しかけたら「終わったよ」と言ってあげることで「そうか終わったのか」と安心して、約束を思い出すことはなくなるらしい。どこかの地方に伝わる言い伝えなんだそうな

@minerux やだ怖い。子供の頃からなにか忘れていると感じて生きてきました。大人になってもずっと思い出そうとしていました。 怪談は楽しむための創作だとわかっていますが、中には真実もあるから念のため、忘れてないよ、終わったよ、って言ってみます。 怖い。

◆『地震』が起こった日の話

遅出だったので、地震発生前まで爆睡してたんですが、地震が起きるほんの少し前に、青江(模造刀)が頭に直撃して目が覚めました。しもたなぁって思いながら起きたら地震。すぐに机下潜って、避難。揺れが収まったから出たら、寝てたところに本棚倒れてて、ゾッとした。

1 2 3