1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

3戦連続延長に11試合出場…主将「モドリッチ」がタフすぎる

ロシアワールドカップ、3試合連続で延長を制し、決勝へコマを進めたクロアチア。その中でも一際輝いているのは日本でも人気急上昇中のクロアチア主将「モドリッチ」です。

更新日: 2018年07月12日

12 お気に入り 42060 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・クロアチア決勝進出決定

11日に行われたサッカーW杯ロシア大会(2018 World Cup)準決勝でイングランドを下し、史上初の決勝進出を決めたクロアチア国内が、歓喜の渦に包まれた。

クロアチア国営放送(HRT)のコメンテーターは「クロアチアがW杯の決勝へ! とても美しい光景だ! ロシアで起きた奇跡中の奇跡だ!」と絶叫した。

クロアチアのテレビ局『RTL Televizija』は、「クロアチアがサッカーの王様! 過酷な条件で戦った選手たち。彼らが歴史を作った」と興奮気味に報じた。

・3試合連続延長勝利は史上初

クロアチアは前半5分に1点を先行される展開だったが、後半23分にFWイバン・ペリシッチのゴールで追いつき90分間では決着がつかず、延長に突入。

・その中でも一際光を放つのが主将の「モドリッチ」

「世界最高のMFは誰か」という議題には、確実に名前が挙がるであろう選手の一人、クロアチア代表のルカ・モドリッチ

高い技術と豊富な運動量を誇るプレーメイカーは、スターぞろいのチームでも「心臓」的な役割として欠かせない存在

ピッチ上の誰もが疲労困憊だった試合終盤に何度も見せた長い距離のドリブルは、こう着した試合を大きく動かすきっかけになると同時に、疲れの見える味方を力強く鼓舞するものだった。

・こんなデータがモドリッチのタフネスぶりを示している

得点源であるFWマリオ・マンジュキッチも、「長年にわたって彼は素晴らしいレベルでプレーしてきた、今まで見た中で一番エレガントなMFで、一生懸命プレーする。僕らにとってのキャプテンで、彼に従っていくだけだ」と全幅の信頼を寄せている

・日本でもモドリッチ株が急上昇、時の人に

クロアチアを推してる今大会ですが、モドリッチ以外の選挙の名前を覚えることは放棄している。

10年も前からモドリッチを1番好きな選手にあげていた身としては、クロアチアの躍進はたまらなくうれしいし、その中心にモドリッチがいるのがこれまた格別。大会MVPもバロンドールもぜひ獲ってほしい。

昨日のモドリッチの限界を超えてもボールを追う様子見たらバロンドールあげたくなった

・確かに年間最優秀選手(バロンドール)も現実的に

1 2