1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

この記事は私がまとめました

実際にCDを持っている、ライブに行ったことがある、ブレイクする雰囲気のあるバンドをセレクトしました。「すでに売れてるじゃん」「全く知らない」「あーちょっと聞いた事ある」そんなバンド5選。数年ぶりに再び執筆を始めます。

musicpotさん

①King Gnu

楽曲 ◯
ボーカル ◯
ビジュアル ◎
演奏力 ◎
人気度 ◎

とんでもない天才集団

東京藝術大学出身の常田大希率いるKing Gnu(キングヌー)。まさにこれからのキングになりかねない存在。全身バンドからより認知されやすいバンド名に変更した事で一気に知名度も上昇。2019年引っ張りだこ間違いない一押しバンドです。Suchmos辺りを一気に超えて行く気配すら感じられます。

②BOYS END SWING GIRL

楽曲 ◯
ボーカル ◯
ビジュアル ◎
演奏力 △
人気度 ◎

爽やかなボーカルの歌声が響かせる青春の音

千葉県成田市発、小学校からの幼馴染であるVo.冨塚とBa.白澤を中心に結成。とにかくボーカルの冨塚の歌声とルックスが爽やか。結成当初の頃と比べ近年ではその歌声に力強さまで増して来ている。そしてこの清涼飲料水感が半端なく良い。近年あまり見かけないがNICO Touches the Wallsの後釜になること必須。

③unconditional love

楽曲 ◯
ボーカル ◎
ビジュアル △
演奏力 ◎
人気度 ◯

これぞボーカリスト!表現力抜群

unconditional loveことアンコン。インディーズながら恵比寿ザ・ガーデンホールにてリリースツアーファイナルワンマンライブを開催し1500人満員御礼。一切名前を聞いた事がない方も多いかもしれませんが実は結構人気です。近年増加しているカラオケ系番組に出演すれば一気にスターダムへのし上がる事間違いなし。ボーカリストとしての表現力が特に抜群です。一番ライブを見てほしいバンド。

④Academic BANANA

楽曲 ◎
ボーカル ◯
ビジュアル ◯
演奏力 ◎
人気度 △

まさにネオ歌謡曲

2017年12月に結成されたばかりのAcademic BANANAことアカバナ。とにかく楽曲が良い! 懐かしさと新しさをうまく融合させているソングライティング能力と演奏陣の玄人感には脱帽です。まさにネオ歌謡曲。数年前ロック界に彗星のごとく現れた小林太郎が発掘してきたというのがまた面白い。認知されれば大化けすること間違いなし。

⑤リアクション ザ ブッタ

楽曲 ◯
ボーカル ◯
ビジュアル ◎
演奏力 ◯
人気度 ◯

経歴メジャー級

2007年 Vocal佐々木直人と、Guitar木田健太郎を中心にバンドを結成。なにこれ?と驚くべきほどの経歴。メジャーデビューされてますよね?って言いたくなる。これほどの経歴がありながらまだまだ知名度は低いのが謎です。しかも曲も良い。何処と無くミスチル桜井さんを感じさせる佐々木の歌声も素敵です。

1