1. まとめトップ

確かに日本人の悩みかも。。。むくみで悩んでしまう原因!

朝起きて1番に自分の顔を鏡で見たとき、今日もむくんでるな〜と少しだけ悲しい気持ちになりませんか?そういえば、外国の方ってあまりむくみを気にしているイメージがないかも。日本人がついむくみに悩んでしまうのはなぜでしょう。。。

更新日: 2018年07月12日

2 お気に入り 2609 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ayaka5328さん

顔がパンパン。。。なんとかしたい!!

むくみで悩まない人はいないんじゃないかと思うくらい、日本人女性にとっては大敵な悩み。
どちらかというと脂肪よりもむくみを取ることの方が大変だなとさえ感じてしまいませんか?

そもそもむくみが発生してしまう大きな理由として考えられるのは、血行不良です。
血行が悪くなると細胞と細胞の間にある水分が異常に増加してしまい、それが足や顔などにたまってしまうというわけです。

朝起きたときに顔がむくんでしまうのは、水分が高いところから低いところへと流れる性質があるのがその大きな原因といえるでしょう。

なぜ余分な水分が滞ってしまうのか。。。

日本語は表情筋をあまり使っていない!!

確かに外国の方の会話は、顔の表情がとても豊かな印象がありますよね。
どちらかというと日本人は淡々と言葉を喋るイメージがあるそうです。
印象は人それぞれですが、日本語は強弱のアクセントもあまりなくシンプルでどこか音楽的にも聞こえるのだとか。

日本語は口を動かす量が少なく表情筋を20%ほどしか使わないんだそうです。

表情筋とは、顔を覆うように存在する筋肉の総称で、鍛えることでむくみ解消に効果的だと言われている筋肉です。

日本語とドイツ語で音読を行なったときの顔の温度を比べたところ、日本語の方は明らかに温度が低かった実験結果もあります。
日常的に考えてみれば、大きな違いですよね。。。

我慢強いのも日本人らしさ

日本人には”我慢が美学”という文化があります。

「石の上にも三年」「辛抱する木に金がなる」など、”我慢”を良しとすることわざなどが日本には多いですよね。

何か嫌なことや嬉しいことがあっても、日本人は感情を表に出しません。

その国民性はやはり顔の表情筋の発達を阻害しており、日本人は顔がむくみやすいのです。

また、日常で我慢をすることの多い日本人はストレスを抱えている人が多く、そのストレスもしばしばむくみの原因になります。

ストレスを感じると、そのストレスに耐えるためにストレスホルモンというホルモンが分泌されるのですが、その中の”コルチゾール”というホルモンは、水分代謝に影響を及ぼすと言われています。

日本人らしいですよね。
とても頑張り屋さんなところは日本の誇りでもありますが、息抜きも大切です。

表情筋を鍛えるエクササイズ

外国語を話す機会があまり多くない日本。
この機会に勉強をして外国語を喋れるとまたコミニュケーションも広がっていいのですが、忙しくて断念してしまうことも多いのではないでしょうか。。。
そんな時はエクササイズで表情筋を鍛えるのもおすすめです。

舌スイングエクササイズのやり方

① 両手を胸の前でクロスします。

② 上を向き、舌を目いっぱい突き出します。

③ 目と一緒に舌も左右にスイングさせます。

これを1セット8回。3セット行うだけで顔のむくみ解消や若返リ効果も期待できるようです。

最初はきつくても、継続すれば筋肉もついて続けられそうですね。

意外と水分を摂らない日本人!!

海に囲まれ、水資源にも恵まれている日本。
ですが、日本人は意外と1日に必要な水分を十分に摂れていません。

日本人の顔がむくみやすいことの一番の理由は”日本人の水分補給の少なさ”にあるようです。

日本では”水を飲みすぎるとむくむ”といった常識がありますよね。

しかし、海外では”綺麗に健康になりたかったらとにかく水を飲め”という文化が根付いているようです。

日本で注目されたのは割と最近なのではないでしょうか?

最近でこそ、欧米の文化が入ってきて”水は1日1.5~2L”という常識は美意識の高い女性の中で広まりましたが、実際に1日にそんなに水を飲めている人は少ないと思います。

こういった常識の違いから、日本人は水分補給が不足している様です。

また、日本は他の国に比べ多湿なので、喉の渇きを感じにくいのも原因の1つかと思います。

水分が不足すると血液の流れが悪くなりむくみの原因になります。

むくみを解消したかったら、とにかく水を正しく飲むことを心がけましょう!!

一度にたくさんの水分を摂りすぎるのもよくありません。
喉が乾く前にこまめに水分補給をするのがおすすめです。

塩分の摂りすぎ

1 2