1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

高温注意!7月14~16日の「3連休」は体温超えで40℃に迫る暑さも…

もうすぐ3連休がありますが、なんと体温越えの猛暑となる予報が出ています。お出かけする際には十分注意するようにして下さいませ。

更新日: 2018年07月12日

13 お気に入り 29838 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■暑い日が続いている

最高気温はきのう(11日)より低くなる所もあるが、湿度が高く不快な暑さ。午後は九州から関東の所々で激しい雨や雷雨。雷雲の下では突風が吹くことも。

本日12日の予報です。

関東から西のエリアは雲が多めながらも強い日差しで気温が上がりそうです。各地で30℃を超え、特に東海の一部では35℃以上の猛暑日となるところがある

本日12日の予報です。

12日も全国的に気温が上昇し、最高気温は大分県日田市で36.1度、福岡県久留米市で36.0度となりました。

今日12日(木)朝は、東京都内で1時間に50mmを超える激しい雨が降りましたが、大気の不安定な状態は午後も続きます。

関東地方では大気の状態が不安定になっていて、神奈川県では大雨洪水警報が出ているところがあります。神奈川県海老名市の午後4時ごろの映像です。道路が冠水してしまっています。

1時間の雨量は、千葉県の館山で41.0mm、静岡県の掛川で29.5mmを観測。ウェザーニューズの解析雨量では1時間に50mm以上の所も現れています。

■心配なのが西日本豪雨に見舞われた被災地だ

被災地では、35℃以上の猛暑日になる所もある見込みで、熱中症に警戒が必要です。また、午後は大気の状態が不安定となるため、所々で雷雨があるでしょう

九州、四国を中心に18地点で35℃を上回り、全国で最も高くなった大分県日田では36.1℃を記録しています。広島は33.5℃まで上がって、4日連続の真夏日となりました

高気圧に覆われた岐阜県内は11日、多治見市で今年最高の36・1度、岐阜市でも35・1度の猛暑日になるなど厳しい暑さになった。

被災地の状況を 見るたびに 辛い。 行方不明になっている方が 一刻でも早く 見つかりますように。 暑さが厳しいから 皆さまの 体調が心配で仕方がない

@Foreve_r_5HINee この暑さでの断水状態、、、熱中症などの二次災害も本当に心配です。。 募金して拡散することしか出来ませんが、本当に少しでも早く被災地の方が安心して暮らせる日が来ることを心から願っています

避難所で生活してる方や復旧作業に携わってる方の熱中症、とっても心配 被災地 きょうも厳しい暑さに 熱中症に注意を | NHKニュース www3.nhk.or.jp/news/html/2018…

■そんな心配な暑さだが、14日からの3連休に更に厳しくなるという予想が出ている

7月豪雨のあと初めての週末となる3連休は、最高気温が30度以上の所は全国のアメダス地点のおよそ7割、35度以上の猛暑日となる所もある予想。

東京都心も今年初めて35度以上の猛暑日となる可能性があります。甲府や京都では体温を超えるような暑さに。

局地的に40度に迫る所があるかもしれません。危険な暑さになりますので、お出かけを予定されている方は、万全な熱中症対策を心掛けてください

危険な暑さの三連休ですので、レジャーなどで外出するときは、熱中症対策や紫外線対策を十分に考えなければなりません。

16日(月)の海の日も海水浴日和となりますが、35℃を超える猛暑になるところもあるため、お出かけは暑さ対策を万全にしてください。

■連休後半には「にわか雨」の予報も出ている

また、連休終盤になると、上空の寒気や湿った空気の影響で再び大気の状態が不安定になります。16日(月・祝)は東日本の内陸部を中心に、西日本まで含め所々でニワカ雨や雷雨が起きやすくなるため、お出かけの際は傘があると安心

1 2