1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ルカ・モドリッチ(Luka Modrić) 現クロアチア代表 現所属 レアルマドリード MF 右利き 32歳【経歴】2003-2008ディナモ・ザグレブ2003-2004ズリニスキ2004-2008ザプレシッチ2008-2012トッテナム・ホットスパ-2012-レアル・マドリード

mochinoremixさん

ロシアワールドカップで決勝に導くマエストロ

「クロアチアが優勝するなんて考えにくい。もしそうなったら最高のおとぎ話」としながらも、「キャプテンとしてトロフィーを掲げたなら、とてつもない瞬間になるだろう」

そして伝説へ‼

「まだ走れます!」とクロアチア。3戦連続の延長戦を制して決勝へ。今大会の出場時間は6試合604分となった。

W杯史上初となる1大会3度の延長戦を乗り越えたクロアチアは優勝へと突き進む。

攻守に貢献するハイブリッドMF

天才でなくとも、時代の要請に応えたハイブリッドMF。

2度のレンタル移籍や、レアルマドリード移籍後もレギュラー扱いではないことから、ハードワーカーとして貢献し不動の地位を築いていく。攻撃も守備もこなせる万能MFが誕生した。

世界最高のMFは誰か、という議論は常に衝突を生むものだ。もっとも、2017年において「ルカ・モドリッチ」の名前を挙げることが議論に終止符を打つ

世界最高のMFは誰?という質問自体に矛盾が生じることは分かっているが、ピッチ全体を見通せる力やゲームをコントールする力においては世界最高といっても過言ではない。

難民のもとに生まれた幼少期

1日中ホテルの駐車場の周りでボールを蹴っている少年がいた。彼はとても痩せていて同年代の子供と比べても本当に小さかったが、すぐに彼が特別な何かを持っていることを見ることができた

難民のもとに生まれたモドリッチは不自由な生活を強いられていたが、才能と努力により現在は家族も裕福な暮らしを送っており、十分すぎるほどの親孝行を果たしている。

「フットボール以外の選択肢は考えたことがなかった。でも、何らかしらの競技でプロを目指していただろうね。テニスやバスケットなど、僕はスポーツが大好きだからね」

私生活やかわいい一面も

トッテナムでの1年目は独身だったし、ほとんど毎日のようにプレイステーションで遊んでいたよ。ゲームではプレミアリーグじゃなくて、もっぱらCLやW杯、ユーロをプレーしていたけどね。友人を相手に夜遅くまで熱中したな。

ゲームもサッカーも世界一?(笑)

プレイ動画集

相手の位置や周りの状況をすべて把握しながらプレイする姿がまさにマエストロ(指揮者、芸術家)!敵に囲まれも当たり前のようにプレイするモドリッチにくぎ付けです。

1