1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

TARI TARI続編来たぞ…人気アニメの新展開を見逃すな!

こんな青春送りたかった…名作アニメ「TARI TARI」の続編が小説で読める!ほかにも「フリクリ」,「ストライクウィッチーズ」,そして「TIGER & BUNNY」も…あの頃ハマりまくった人気アニメに新たな動きが来てますよ!!テンション上がりながらまとめてみました。

更新日: 2018年07月13日

27 お気に入り 28044 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

まさかの続編にネット歓喜…早く読みたいです!!

critical_phyさん

名作が再び…「TARI TARI」の続編が小説で登場!

P.A.WORKSによるオリジナルアニメーション作品。『true tears』、『花咲くいろは』に続く青春物の第3作と位置づけられており、『花咲くいろは』のスタッフが数多く携わっている。

「TARI TARI」の10年後の物語を、同作で監督・シリーズ構成を務めた橋本昌和氏が小説で描く、「TARI TARI ~芽吹いたり 照らしたり やっぱり時々歌ったり~」第1話が、8月1日より国内の主要電子書籍サイトで順次配信されることが決定した。

「今の私たちの歌を作る」を目標に、10年ぶりに集まった和奏、来夏、紗羽たち白浜坂高校合唱部の5人と、新たな登場人物である女子高生・雪音の物語が、夏の江の島を舞台に繰り広げられる。

うそ…TARI TARIの続編小説出るの? めちゃくちゃ嬉しいんやが

キービジュアルが話題に…「フリクリ」新作が楽しみすぎる!

『新世紀エヴァンゲリオン』に続くガイナックス待望の新作として企画され、2000 年から2001 年にかけて全6 巻でリリースされたOVA(オリジナル・ビデオ・アニメ) シリーズ作品『フリクリ』。

地方都市に住む小学生のナンダバ・ナオ太が、謎の女が運転するベスパに轢かれたことをきっかけに、奇妙な現象に巻き込まれていく様を描いている。

大きな特徴として、非常に凝った演出が挙げられる。唐突に全く異なる絵柄に切り替わるシーンや、本編途中から数分間にわたり漫画雑誌風の画面構成で進行する回があるなど、随所に実験的ともいえる演出が盛り込まれている。

2018年9月に公開される劇場版『フリクリ オルタナ』『フリクリ プログレ』のPVと貞本義行による描き下ろしのキービジュアルが解禁された。

ダイナミックでソリッドでポップな世界観を感じさせる、ハル子のドアップなビジュアルで、当時の「フリクリ」を彷彿とさせつつも新しさを感じさせるファン必見のビジュアルです!

OVAシリーズ「フリクリ」の続編となる2作。本広克行が総監督、岩井秀人が脚本、貞本義行がキャラクター原案を担当し、前作の監督・鶴巻和哉がスーパーバイザーを務める。

フリクリ続編エンタメしてんな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜はやくみたい

待望の新作に喜びの声…「ストライクウィッチーズ」が盛り上がりを見せている!

2008年にTVアニメ第1期、2010年にTVアニメ第2期、2012年には劇場版が公開され2014~2015年にかけてOVA3部作が劇場公開された「ストライクウィッチーズ」。

ある日突然、人類の脅威として現れた地球外生命体ネウロイ。彼等に対抗するため救世主として現れたのが、自らの体に兵器を纏い、大空を華麗に舞う魔力を持った少女たち ―― ストライクウィッチーズ!

アニメ版は平成20年度(第12回)文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品アニメーション部門/長編(劇場公開・テレビアニメ・OVA)に選ばれている。

テレビアニメ、劇場版、OVAに続くアニメ「ストライクウィッチーズ」の新作となる「第501統合戦闘航空団 ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」は、2020年にテレビ放送予定。

宮藤芳佳をはじめとする501部隊の活躍が描かれる。タイトルから想像するに、今回はベルリンへの進軍となるのだろうか。まずはPV第1弾が公開となっている。

ネウロイと戦う人々や故郷を追われた人々に、ひとときの安らぎと心の癒しをもたらす異色の航空団、戦わないウィッチ「音楽隊ウィッチーズ」の活躍を描く「音楽隊ウィッチーズ(仮)」の制作が決定。こちらは2021年にTVアニメが放送となる。

追加情報到着してるぞ…「タイバニ」スタッフの新作を要チェック!

特殊能力者「NEXT」がヒーローとして平和を守っている近未来的な街を舞台に、落ち目のベテランヒーロー・ワイルドタイガーこと鏑木・T・虎徹と、生意気なスーパールーキー・バーナビー・ブルックスJr.のコンビが、他のヒーローたちと共に活躍する姿を描いた。

当初はさほど注目されていなかったが、話数を重ねる毎に昨今では珍しくなったタイプのキャラクター達の活躍や、ギャグとシリアスを巧みに織り交ぜた展開等が口コミで評判となり、徐々に人気を獲得。DVD、ブルーレイの売り上げも上々である。

1 2