ちょw最近の辞典業界、(いい意味で)クセがすごい

2018年に発売された辞書が、超個性派揃いだと話題に。日本最大級のボディビル団体が監修した「ボディビルのかけ声辞典」や、村上春樹の世界をとことん楽しめる「村上春樹語辞典」など、一筋縄ではいかない書籍がいま続出してるみたい…

更新日: 2018年07月17日

56 お気に入り 37511 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「肩メロン!」←ってどゆこと!?

例えば、肩の筋肉がまん丸で血管がバリバリ浮いている様子は、「肩メロン!」と呼ばれるみたい…

「肩にちっちゃいジープのせてんのかい」「肩メロン!」「マッチョの満員電車だな!」などは想像の範疇を大きく超えたもので、筋肉を賛美する言葉のバリエーションに驚かされる

海外のコンテストではここまで声援で盛り上がらないみたいですね。あっても「〇〇かっこいい!」とか「キューティー!」というぐらいです。だから、ボディビルのかけ声は「日本文学」ですね

「切れてるよ」「肩メロン!」「マッチョの満員電車だな!」 『ボディビルのかけ声辞典』登場 「肩にちっちゃいジープ乗せてんのかい!」など見習いたい語彙力 - ねとらぼ nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/18… @itm_nlabから pic.twitter.com/Ud7hae9IUc

日本最大級のボデイビル競技運営組織「日本ボディビル・フィットネス連盟」が監修。

「やれやれ」と読まずにはいられない

翻訳を含む全作品から、主な登場人物、頻出するキーワード、作家の名言や学生時代の逸話まで500語以上が収録されている

作家ゆかりの地を紹介したマップ付きで、実際にその場所に赴く楽しみ方もでき、村上ファンはもちろん、これから読みたい人には作品を楽しむきっかけとしても最適

作中の料理やカクテルなんてものも、収録されてる模様。

ハムスターの言いたいことがわかる!?

しぐさや行動から読み取るハムスターの気持ち=「ハム語」を解説した実用書

“ヒゲをピクピクと動かすのは、道の幅や空気の流れを感知するため”など、ハムスターたちが発信している気持ちを、かわいいイラストや写真をまじえて説明しています

勉強になる ハムスターたちの気持ちを読み取ろう! 仲良くなれるヒントがいっぱいの『ハム語辞典』が発売 nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/18… pic.twitter.com/ZjzD87Wyb0

ハムスターとより仲良くなり、幸せに暮らすことを目的としており、さらにSNSで大人気のハムスターも多数登場

オタクのためのイマドキ辞書きたぁぁ

「しんどい」「けしからん」「意識が飛ぶ」などの表現を、例文とともに紹介。腐女子でも腐女子でなくても、その独特の文化を学ぶことができる一冊

「気持ちを伝えたくても適当な言葉が見つからない」「もっとうまい表現はないか」――。こんな時に本書が役に立つ

SNSなどで一般化した感情を表すネットスラングをまとめたもの。恐らく、今後も広辞苑には載らなさそうな「専門用語」を体系的にカバーしている

1