1. まとめトップ

郷土料理から全国グルメに☆薩摩揚げ

鹿児島方面の郷土料理であったが、ご当地グルメとならず、全国に広まり、定番の料理、お惣菜となった薩摩揚げのグルメ紹介まとめです。

更新日: 2018年08月18日

1 お気に入り 156 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

薩摩揚げおいしくて食卓追加の一品に最高です。

moepapaさん

薩摩揚げとは

薩摩揚げ(さつまあげ)は、魚肉のすり身を成型し、油で揚げた日本の料理である。魚肉練り製品であり、「揚げかまぼこ」に分類される。
中国由来の料理が琉球に伝わり、薩摩を経由して全国に広がったとされる。島津斉彬が諸藩のかまぼこなどをヒントに鹿児島の高温多湿の風土にあう揚げ物料理を考案させたとの説もある。

鹿児島県および沖縄県では一般につけ揚げ(琉球方言ではチキアギ)と呼ばれる。関東ではさつま揚げ、西日本ではてんぷらとも呼ばれる。
魚肉のすり身に塩・砂糖などで味付けし、形を整えて油で揚げたもの。丸形・角形など形は様々である。ゴボウ、イカ、ゆで卵などの素材を包み込んだものもある。
そのまま、あるいは軽く焼いてショウガ醤油やからし醤油などを付けて食べる。おでん種、うどんの具、皿うどんの具、煮物の材料にも用いられる。

水産地では、地元で多く取れる魚を材料とする事が多く、イワシ・サメ・カツオ・サバ・ホッケなど多様だが、ほとんどの場合2種以上の魚を混ぜて使う。すり身のみで作られた物のほか、キクラゲ、紅しょうが、玉ねぎ、ネギなどの野菜を入れた物、じゃこ、イカ、タコ、エビなどの魚介類を入れた物、薬味を加えたものなどもある。

おいしそうな料理ギャラリー

おでんの具にもよいです。揚げ物といってもそんなに油っぽくないです。

1 2 3