1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

プレステ4をルーターから、かなり離れた距離でWifi接続しているのですが回線が遅くて悩んでいました。自分でも今回の記事をまとめてみて色々改善すべき点が見つかりました。

digi1001さん

そもそもWifiとは・・・?

Wi-Fi(ワイファイ[1][2][3][4])とは、無線LANに関する登録商標である。Wi-Fi Alliance(アメリカ合衆国に本拠を置く業界団体)によって、国際標準規格であるIEEE 802.11規格を使用したデバイス間の相互接続が認められたことを示す名称。

簡単に言えば無線LANの規格の一種なんですね。目に見えないインターネットに繋ぐためのネットワークです。

自宅のWifiが遅くてイライラしていませんか?

WiFiがもう寿命なのか知らんけど ずっとぐるぐるしてるし 使い物にならない 画像ツイートするのにも遅いし 直ったかと思えばLINE、Twitterなどなど通知がどかってくるし 買ってそんなたたないのにどうしちゃったんだよ

あー寝溜めした(´-ωก`) いやーWiFiの調子また悪くてくっそ遅い…(´-ω-`) 4Gの方が早いわー

今はパソコン・スマホで家の中どこでも快適にネットに繋ぐのが当たり前の時代。でも自宅のWifiの環境が遅くてイライラしている人も多いのではないでしょうか。自宅のWifiが遅くてイライラして困っている人のためのまとめです!

WIFIが遅くなる主な原因4つ

ネットワークの能力不足

自宅のWifiが遅い理由:1障害物や距離のせい、2電波の干渉せい、3ネットワークが弱いせい、
4ルーターや端末の設定のせい・・・、の大きく分けて4つです。ご自宅のWifi環境で思いあたるところはないでしょうか。

Wifiが遅い原因を一つずつ解決しよう!

「距離や障害物など物理的な隔たり」への対策

対策1:ルーターの設置場所/子機の使用場所を見直す

電波は距離が遠ければ弱くなり、障害物があっても弱くなります。周波数帯によっては、障害物を回り込んでいくような電波もありますが、それでも限界があります。設置場所などを工夫して、できるだけ速度が落ちない環境を整えましょう。

対策2:中継機を使用する

ここ1~2年くらいに発売されたルーターは、一般的な広さの一軒家であれば、ほぼ1台で十分対応が可能。しかし、設置場所や障害物の数などによっては、電波を中継する「中継機」を使用するほうが、よい電波環境を構築できる場合もあります。家の中で電波の届かない場所がある場合には導入を検討してみるとよいでしょう。

「電波の干渉」への対策

対策1:電波を使う家電製品の使用・配置状況を見直す

波を発する家電製品の干渉を受けて、通信速度が下がることがあります。とくに、ルーターの近くで使用した場合に影響を及ぼしやすいので、下記に該当する家電からは離れた場所に置くのが無難です。

対策2:5GHz帯対応の最新ルーターを導入する

5GHz帯に対応した最新のルーターであれば、家電などの電波干渉を受けにくいので、設置場所を選べない場合は5GHz対応のルーターを選びましょう。また、5GHz帯の規格でも、通信速度が圧倒的に速い11ac対応モデルが快適です。

「ネットワークの能力不足」への対策

対策1:ルーターの能力不足は買い替えか増設で対応

ルーターの能力が十分でない場合は、買い替えか増設が必要です。現在使用している機種が安価なグレードの場合、接続可能台数の多い機種などへの買い替えを検討してみるとよいでしょう。能力が不足しているうえ、家の中で一部電波が届かないような場合には増設がベターです。

1 2