1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『トーキョーエイリアンブラザーズ』だけじゃない!宇宙人との交流を描いた漫画まとめ

2018年夏ドラマ「トーキョーエイリアンブラザーズ」が好きな人にオススメ。宇宙人との交流を描いた漫画をまとめました。(トーキョーエイリアンブラザーズ、レベルE、選択のトキ、麦の惑星、ひとりぼっちの地球侵略、うる星やつら)

更新日: 2018年07月28日

17 お気に入り 4262 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sryamaさん

◎『トーキョーエイリアンブラザーズ』 真造圭伍

ナンパで出会った女の子と早速ホテルへ繰り出す冬ノ介。そこに突如現れたのは―――どうみても「地球外生物」!!その生き物は冬ノ介をこう呼んだ。曰く、「弟よ」……

自分より劣ると思ってた人が実は自分に持っていないものを持ってる事に気付いてしまう、鉄コンとかピンポンに通ずる感じ。絵も可愛いいしめっちゃ面白い。是非! #トーキョーエイリアンブラザーズ

トーキョーエイリアンブラザーズ全話読み終わった!なんだこの話!思ってた話じゃないじゃんか!すっごい感傷的になっちゃったよ!面白いな!面白いよ!もう!お兄ちゃんが愛されキャラ過ぎて頭抱える!もう!

トーキョーエイリアンブラザーズ、読了。 全3巻なので一気読み推奨。最終巻は殆ど泣きながら読んだ。 これは良い漫画だった。こういう出会いがあるから原作付の映像化は悪い事ばかりじゃないし、そして何より、いのとつがドハマリ過ぎるのでドラマ期待大。

◎『レベルE』 冨樫義博

地球にやってきたドグラ星の第一王子は、最高の頭脳と最悪な性格の持ち主だった! 王子はディスクン星人と手を組み地球人の高校生をもまきこんで、親衛隊員の忠誠心を試そうと大芝居をうつが?

レベルEはですね。 冨樫先生の最高傑作ですよ。 あの作品はかなり得意で、週刊誌に月1でアシスタント無しで「本当に自分が書きたいものを書いてみたらどうなるか」という試みで書いた作品です。 書きたいものを書いた結果があれです。 間違いなく彼は天才です。

「レベルE」 幽白とハンターの間に冨樫が描いてた作品なんだけど、これがまぁ~~~面白い!単行本3巻なのに濃密で冨樫の頭の中を覗いてるような気分。 特に「見えない胃袋」の話が好き!

冨樫義博の『レベルE』が相当面白い。二転三転する展開をこれほど楽しめる漫画も珍しいかも。ぶっ飛んでる設定にも喜々としてしがみついてっちゃう。王子のキャラが秀逸すぎるwww

◎『選択のトキ』 群千キリ

光晴が高二の夏休みに出会ったのは、性別を持たない宇宙人・トキ。なりたい性を選べるトキは、光晴の決めた方になるという。選択を託された光晴が、本当に望むのは? 二人の青春が始まる。

「選択のトキ」1巻無料だったので読んだのですが、面白かった!!ボーイミーツエイリアン?的な話。好きな絵柄だし「性別を選びに来た」という話の作り方が面白いなーと。

#一日一漫 選択のトキ 群千キリ 友達か恋人か!性別を選択できる宇宙人のお話 1巻はプロローグ的で、これから面白くなっていくぞ!っていうのが多いんだけど、流石ジャンプ系展開早い! プロローグ1話で終わって、1巻だけで面白い漫画ってわかる トキには恋人ルート選んで欲しい脳内お花畑おばさん(笑) pic.twitter.com/rs7l4PXrLz

ジャンプSQで始まった「選択のトキ」面白い。やっぱ画力は大事よなー。期待。

◎『麦の惑星』 鳥野しの

舞台は山の上のパン屋さん。若き店主・紺太は宇宙船の事故で遭難し、食料を探していた宇宙人・まみ太に出会った。

漫画『麦の惑星』読んだ。 田舎のパン屋×宇宙人って、すごい変な設定なんだけど、主人公と子どもの恰好した宇宙人との交流で、『さみしさ』とか『人との繋がり』とか、『家族』とか、を色々と考えさせてくれる良い漫画。 pic.twitter.com/rpoYsdRYHB

麦の惑星面白いな 出てくるパンがどれもこれもおいしそう

麦の惑星 面白い。パン×宇宙でいきましょうと担当さんに言われて、考えた話だそう。作者の方すごい。寂しいという感情がわからない宇宙人まみ太と寂しがりやの地球人紺太。 パンものは芦原先生のBread&Butterも好きです。こちらは結婚とか一緒に暮らすとかを考えさせられる。あと、経営面の苦労とか

◎『ひとりぼっちの地球侵略』 小川麻衣子

この春、高校に入学する広瀬岬一は、入退院を繰り返す双子の兄・凪とは正反対の健康優良児。入学式当日、岬一の前に現れた”ひどい変わり者”の2年生・大鳥希。

うう、クソッ!…『ひとりぼっちの地球侵略』にドハマりして朝から仕事なのに9巻まで一気読みしてしまった。ふわふわしたボーイミーツガール物かと思いきや、これが中々に癖があって読むのに凄まじい集中力を要した。登場人物に色々設定仕掛け過ぎだろ。それが相互に影響し合う様がもう本当に面白い

新たな漫画を発掘しましたよ。 『ひとりぼっちの地球侵略』、無料お試し版があったので第1巻を読んでみたのですが、面白くてとりあえず第1巻有料版から第3巻まで購入してしまいました。 「地球侵略」というのが比喩的な何かかと思っていたら、ガチの地球侵略だった… これは面白い… pic.twitter.com/qnbhbTiLQS

「ひとりぼっちの地球侵略」が面白い。タイトルがちと物騒だし、バトルとかそういう側面もあるのだけど、それ以上にキャラクターの心情への寄り添い方がこの上なく丁寧かつ繊細で、叙情的な作品。

1 2