1. まとめトップ

夏休みの読書感想文にぴったりのすぐ読める本10選+マンガ

本って好きで読むならいいけど、宿題となるとめんどくさくなる。

更新日: 2018年07月20日

4 お気に入り 1451 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

夏休みの読書感想文。私も苦労しました。なので、早く読めて感想文を書きやすい本ばかり集めてみました。

フミのお母さんが亡くなって、フミのお父さんはマキのお母さんと再婚することになった。フミとマキはホヤホヤの姉妹同士。できたて家族がぶつかりながらも、絆を深めていくまでの物語。血の繋がりなんて、関係ないのかもな…と色々考えさせられてしまう。

いじめを苦にして自殺をしたフジシュン。
フジシュンの幼馴染みでいじめの傍観者だった裕が、フジシュンの家族を通して
自分の罪と向き合い葛藤しながら、大人になっていくという話。
家族以外の人たちは
自殺をしたフジシュンの事を忘れて
楽しく未来を生きていく…
本当に苦しむのは誰か?という
自殺という行為の残酷さとむなしさを
優しい文体で容赦なく描いている。

学校で居場所をなくしたまいは、大好きなおばあちゃんの家で精神力をきたえる「魔女修行」をする。はでなストーリー展開はないけれど、感受性の強いまいの心の動きに優しく寄り添って、時には厳しく諭してくれるおばあちゃんの言葉のひとつひとつが心に染み入る一冊。そして、最後に残したおばあちゃんの言葉は…感涙必至。

時間泥棒に時間を盗まれた人々。そんな人々の話に耳を傾けながら時間を開放しようとする不思議な女の子モモのお話。有名な児童文学。

面白い。アフリカは未曾有のバッタの大量発生に悩まされていた。それを研究、解決すべく著者は単身アフリカのモーリタニアへ。バッタの豆知識だけでなく、アフリカの文化も写真と面白い文章で学べる楽しい本。著者のひたすらに夢を追い続ける姿にも注目してほしい。

王道の泣ける話。
主人公の栗原は現役の医師。
夏目漱石をリスペクトしていてなかなか味のある話し方をするし、くせの強い性格だが、奥さんと患者には一生懸命に接する。
病院現場の厳しさや人の命について考えさせられる。
シリーズものです。画像は1巻。

千と千尋の神隠しのモデルになった小説。
6年生のリナはひとり旅に出るが、霧のむこうの町に迷い混んで、ふしぎな体験をすることに。ふしぎな町に住むへんてこな人々との体験を通してリナは成長する。
ファンタジー色強めで読んでいてとても楽しい。

頭のいいマチルダは頭の悪い両親にひどい仕打ちを受ける。しかし、マチルダはめげない様々な仕返しを考えてそれを実行する愉快痛快なストーリー。
そして、最後はビックリするような結末が用意されています。面白すぎてスラスラ読めてしまうかも?

こちら、単行本もありますが、絵本もほとんど内容は同じですので充分、感想文として成り立つと思います。猫好きはぜひ。
飼い主のさとるはある事情から猫のナナを飼えなくなる。そして二人は里親探しをするために「最後の旅」に出るが…?
すべてを知ったとき涙が止まらなくなること必至。

高校生の和也は、ちょっとしたトラブルからひとり旅をすることになる。
旅先で出会った見知らぬ人々との交流を通して和也は様々な広い世界を知る。
悩みやすい学生時代に読んでほしい作品。

漫画でもいいならこれをぜひ、すすめたい

原爆投下された直後の広島の話から始まる3世代にわたる原爆被害者の家族の物語。
押しつけるようなかんじでもなく
ただ、淡々と日常を過ごすように描かれているのでその分、よけいに苦しみが伝わってきてやるせない涙が出る。でも読んで良かったと思える作品。

1