1. まとめトップ
  2. 雑学

持ち込みもOKなんだ…運転免許証の写真に関する豆知識

運転免許証の顔写真について、がん治療で脱毛した人などの医療用帽子の着用が認められるようになりました。

更新日: 2018年07月15日

45 お気に入り 71092 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■免許証の写真で帽子の着用が可能に

帽子をかぶって撮影することが原則認められていない運転免許証の顔写真について、警察庁はがん治療などで脱毛した人には帽子の着用を認めることを決めました

治療によって脱毛などがある、がん患者の運転免許証の写真について、従来容認されていた医療用ウイッグ(かつら)などに加え、医療用帽子の着用も認められることになった

■道路交通法では、これまで帽子の着用は原則認められていなかった

免許証の顔写真は道路交通法施行規則で「無帽、正面、上三分身(おおむね胸から上)、無背景で申請前6カ月以内に撮影したもの」と定められている

帽子のほかサングラスやマスク、幅の広いヘアバンドなどの着用は認められていない

■ただし、現場の判断で認められるケースもあった

現場の判断で認められることはあったものの、警察によって対応がまちまちだった

全国がん患者団体連合会・天野慎介理事長は「一律になったのは非常に意味が大きい」と述べた

■免許証の写真は基本的に試験場などで撮影されます

椅子に座ってたった数秒で撮られてしまうため、写真の仕上がりに不満を持っている人も多いのでは?

新しく出来上がった免許証を見て、あまりの写真写りの悪さにガッカリした経験がある人もいるでしょう

■知ってた?免許証の写真は持ち込みもできるんです!

条件を満たせば持ち込みの写真で免許を作ってもらうことが可能なのです

仕上がりを見て絶望する前に前撮りを行なうのもひとつの手です

■細かなルールがあるので持ち込みする際は事前に確認を

申請用の写真については、道路交通法施行規則にサイズ等の条件が規定されており、その裏面に氏名及び撮影年月日を記入したものとされています

6ケ月以内に撮影した無帽、無背景のもので、タテ3cm、横2.4cmのサイズの写真であればOKです

自分で撮影したものならなんでもOKというわけではなくて、一定の基準があるので、免許証の更新手続きをするところに問い合わせて確認しておくことをおすすめします

▼関連リンク

1 2