1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

あなたにもあるはず。Twitter民が『何度も読んだ本』が手に取りたくなります

みんなの数だけそれぞれ大切な思い出の一冊があります

更新日: 2018年07月16日

207 お気に入り 42682 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

みんなの数だけそれぞれ大切な思い出の一冊があります

jetwskyさん

小さい魔女

Die kleine Hexe by Otfried Preußler. (1957) Illustrated by Winnie Gebhardt-Gayler. オトフリート・プロイスラー「小さい魔女」 イラスト : ウィニー・ガイラー #WalpurgisNight pic.twitter.com/zRftKFvybE

「小さい魔女」 小学生の頃から何度も読んできた本 こういう本は読み返す度、前に読んだ時より少しは年齢も知識量も上がった状態で読みますので、物語の空気や人物の心情に毎度新たな発見のあるものなのですが、それと同時に、過去の私が何に心を動かされたかありありと蘇り、何かの勇気をくれるのです pic.twitter.com/sfmZjbQ0Nv

これ以上に美しくて悲しい小説にはまだ出会えてない・・・

なるべく多くの本を読みたいので、一度読んだ本はなるべくしばらく読まないようにしているのだけど、「銀河鉄道の夜」は何度も読んでしまう。初めて読んだのは中高生の頃だけど、これ以上に美しくて悲しい小説にはまだ出会えてない・・・

黄色い部屋/ガストン・ルルー

「黄色い部屋/ガストン・ルルー(高木彬光)」児童向けに端折ってあるほう。むかし祖父母宅にあって何度も読み返した思い入れのある本なので全部処分するとなったときにどうしてもこれだけは、と持ち帰って来てもらったもの。絶対に手放したくない本です。 pic.twitter.com/aJeX6QwXDk

自然に涙が溢れてしまうんだ。

@_f 何度読んでも素晴らしい。俺の読んだ本の中で一番好きと言っても過言ではないくらい好き。ニノが演ってたからってのもあるけど、主人公への感情移入した結果の読んだ後の孤独に浸されたような余韻が何とも言えない。読む度に、秀一への切ない愛おしさが増していく。自然に涙が溢れてしまうんだ。 pic.twitter.com/DXeCXSKG7h

1冊目 貴志祐介著 青の炎 中2の時の誕プレ。 当時嵐のニノが好きで、昔に映画化されてたことがきっかけで手に取ったんだけど映像だけじゃ表現しえなかったと思われる部分が多々感じられて言葉の凄さを感じた 小説って面白いんだなって思わせてくれた1冊 他の作品としては鍵のかかった部屋が有名かな pic.twitter.com/4QLw29lW65

転職の思考法

「転職の思考法」読んだ。 多くの方が、「就職する前に知っておきたかった」と言っていたが、 まさにその通りで、単なる転職ノウハウ本では決してなかった。 何度も読み返したいし、沢山の人に薦めたい! こんなに面白くてスラスラ読めたの久しぶり。 #転職の思考法

読書という荒野

見城徹さんの「読書という荒野」を読んだ。やっぱり見城さんの著書は熱量と想いがページのなかで煮えたぎっている。石原慎太郎さんとのエピソードは何度読んでも涙がでるし最後の一文は鳥肌が本を閉じてからも止まらなかった。また何度でも生きてるなかで読み返したい一冊

永遠も半ばを過ぎて

@manaview 『永遠も半ばを過ぎて』何度読み返したか分からない本です。

詐欺士をテーマにした作品が妙に昔から大好きで、中島らもの永遠も半ばを過ぎて、とか。現実で詐欺士に絡まれるのは嫌だけど、対岸から観客として見ている分にはこんなに面白いものは無い。

永遠も半ばを過ぎて。 なにこのセンス。かっこよすぎる 矛盾しているけれども 永遠はまだ続いてはいるなんて タイトル。作品もコメディ色で 完成たっぷり。ちゃんと 読了ツイートしなきゃなぁ!! くぁ〜中島らもさんの世界 最高すぎるう。

今日はこれを読みながら行ってきます

おはようございます。 小雨交じりの涼しい朝です☂ 今日から仕事へ… 世間は今日からお盆休みのところが多いのではないでしょうか 電車も土曜ダイヤになってます。 何度読み返したか分からない位読んでますが今日はこれを読みながら行ってきます♬ pic.twitter.com/pYgAmMgTnm

かつて、私は「深夜特急」という作品を書いたことがある。しかし、それはある時期の「私」を描こうとしたもので、「旅」そのものを描こうとしたものではない。

トルコの宿で拾った沢木耕太郎さんの『深夜特急』。共感できる部分がかなり多くて好きな本。 pic.twitter.com/90h6PwNWZj

キュブラーロス博士の自伝

父が私の想定より早く逝くことになりそうだという事実に直面したとき、巡り会い、何度も読み返したキュブラーロス博士の自伝。また読返してます。 …地球に生まれてきて、与えられた宿題をぜんぶすませたら、もう、からだをぬぎ捨ててもいいのよ。 #秘密結社老犬倶楽部天国支部 pic.twitter.com/0eg1E5wzOH

怖いのに凄い惹かれて何度も何度も

1 2 3