1. まとめトップ

横浜市議・斉藤達也氏「地球・みどり・生活を守る」政策について

斉藤達也横浜市議の政策の一つ「地球・みどり・生活を守る」は横浜市のさらなる発展と、住んでる人々の生活を考え、安心安全に日々暮らしていけるよう考えたものであります。

更新日: 2018年10月28日

12 お気に入り 25894 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nata-syaさん

斉藤達也プロフィール

生年月日 1973年(昭和48年)1月20日45歳
当選回数4回
出身地横浜市
最終学歴早稲田大学 社会科学部
座右の銘または好きな言葉
予防と実行力!!パパは頑張ります。
血液型A型
干支丑

経歴
平成3年3月     早稲田実業学校高等部
平成7年3月     早稲田大学社会科学部卒業
数種の仕事を経験し
平成15年4月13日 横浜市会議員選挙に当選
平成15年4月30日 横浜市会議員に就任
平成19年4月 8日 横浜市会議員選挙に、二期目当選
平成23年4月10日 横浜市会議員選挙に、三期目当選
平成27年4月12日 横浜市会議員選挙に、四期目当選

現在
横浜市会 建築都市整備道路委員会 委員
横浜市会 郊外部再生・活性化特別委員会 委員
自民党緑区第四支部 支部長
横浜みどりライオンズクラブ 会員
(一社)横浜青年会議所 シニア会員
保護司 (緑保護司会所属)
神奈川県薬物乱用防止指導員
自衛隊募集相談員
緑火災予防協会 会員
横浜市及び緑区パワーリフティング協会 会長
パワーリフティングでは、
全国優勝4回、世界大会出場3回
緑区ボウリング協会 会長

斉藤達也の約束

一、災害に強い横浜
一、誇りあるハマッコをはぐくむ
一、地域とともに輝く370万都市
一、人にあたたかい横浜
一、頑張る人が報われる
一、地球・みどり・生活を守る

地球・みどり・生活を守る

・良好な緑地の保全
・都市農業、食育、地産地消の推進
・議会のIT化、見える化の推進
・口腔ケアなど健康予防策の推進
・環境未来都市の実践
・自治体外交、Y-PORT 事業

地球・みどり・生活を守るという事はそこに住む人の日々の生活に直結します。
生活の環境、食の安全安定、健康。
それに伴う行政の働き、更なる都市の発展と、私たちが健全な生活を送るにあたって不可欠なものであります。
あたり前のことを当たり前に実施することを斉藤市議は大切に思っているのですね。

・良好な緑地の保全

北八朔公園は奥行きが広く、太極拳、さわやかスポーツや、炭焼き小屋、犬の散歩、草笛、6月16日•23日にホタル鑑賞会、6月23日に七夕作りの会、7月21日にソーメン流しの会、12月8日にリース作りの会が予定されています。
自然豊かな北八朔公園に、ぜひ、お出かけください!!

【ガーデンネックレス横浜2018開幕です!!】
3/24土曜日より、みなとエリアと、ズーラシアの向かい側にある里山ガーデンでは「里山ガーデンフェスタ」と称し、大花壇の公開や花や緑に親しむイベントを、期間限定で開催されています。
色彩に囲まれて花散歩、展望デッキの大パノラマ、たくさんの花々が咲き誇るガーデン散歩をお楽しみください。

ガーデンベアが迎えてくれます。

ぜひ、お出かけくださいね!!

緑地は私たちの市民生活を守り、潤いを与える貴重な財産でありますが、一方、保全する土地所有者の方々の立場に立てば、緑を保全したいが、守る制度が十分でなく、相続問題などと直面する中で手放すことを考えざるを得ないという声も聞こえてきます。緑地保全は言うはやすし、行うはかたしであります。また、土地所有者の家族の中に世代間の考え方の違いも出てきており、当局からもより日常的にまめにコミュニケーションをとることで、その意識の変化を敏感に感じ取っていくことも重要だと思います。先ほど我が党の横山正人委員からも指摘がありましたが、あらゆる施策を効果的に展開し、緑地保全のために土地所有者が利用しやすいメニューを生み出しながら、緑地の保全を図っていただくよう要望いたします。

次に、樹林地の保全について伺います。
 昭和40年代の高度成長に伴い開発が進み、本市でも多くの樹林地が減少しました。これに対し本市では独自の条例及び要綱により市民の森や緑地保全地区を全国に先駆けて制度化し、緑地の保全に取り組んでいることは承知しております。しかし、市内の樹林地はここ10年で約800ヘクタールも減少しました。一方で、市域面積に占める緑の割合を航空写真によって計測した緑被率は現在31%程度だと聞いています。この数字は川崎市や東京23区よりも高いように聞いておりますが、積極的な緑の施策を講じなければ年々減少を続けていくものと思います。

先日の環境創造局の発表によれば、本市の緑被率は29.8%となり、平成16年度の前回調査より1.2%少なくなっており、調査を開始した昭和50年以来減少傾向が続いています。緑の減少に歯どめをかけるべく、本議案においてもみどりアップ計画関連として、樹林地を守る、農地を守る、緑をつくるの3つの分野でさまざまな取り組みにより総額で約94億円、そのうち横浜みどり税対象事業は約53億円が提案されております。特にみどり税を支払っている市民に対して、その成果をわかりやすく身近に実感していただけるよう具体的な結果をしっかりとつくっていかなければなりません。

コンクリートで固められた都市というのは住む人にとってあまりいい環境ではありません。
緑がありことにより空気が美味しくなり、人に安らぎの場を与えます。また、温暖化対策にも緑は必要不可欠であります。

・都市農業、食育、地産地消の推進

横浜市でも、農業が盛んに行われています。浜なしや、浜ぶどうも農家の方々が日々、丹念に育てています。食べるときは一瞬ですが、食べられるまでの過程では、農家の方々の愛情が込められています。

地元の農家の方々に状況を伺いました。
誠にありがとうございます

【緑の循環に取り組む会社です。10周年おめでとうございます㊗️】
緑の再生工場フォレスト横浜さんの見学会に参加しました。私の自宅の近くにあります。
枝などの剪定枝を受け入れて、チップにして、さらに堆肥を作っている工場です。近隣の住民や自治会に声をかけられ、大勢の方々が参加していました。

緑の再生工場 フォレスト横浜は、横浜市一般廃棄物中間処理(破砕)施設として、平成20年9月1日開業し、環境に優しい電気式樹木粉砕機を使用し、横浜市内における維持管理等で発生した緑の廃棄物を、緑の資源として再生し、堆肥の原料・バイオマス発電の燃料・果樹園のマルチング材等、有効利用し地球温暖化防止に貢献しています。
平成21年5月1日に、横浜市一般廃棄物(木くず)収集運搬業許可を取得し、遠方の現場、公園、学校、病院、工場等から発生する刈草・剪定枝等の収集から処分まで一貫したリサイクル活動に貢献しています。

1 2 3