緑地は私たちの市民生活を守り、潤いを与える貴重な財産でありますが、一方、保全する土地所有者の方々の立場に立てば、緑を保全したいが、守る制度が十分でなく、相続問題などと直面する中で手放すことを考えざるを得ないという声も聞こえてきます。緑地保全は言うはやすし、行うはかたしであります。また、土地所有者の家族の中に世代間の考え方の違いも出てきており、当局からもより日常的にまめにコミュニケーションをとることで、その意識の変化を敏感に感じ取っていくことも重要だと思います。先ほど我が党の横山正人委員からも指摘がありましたが、あらゆる施策を効果的に展開し、緑地保全のために土地所有者が利用しやすいメニューを生み出しながら、緑地の保全を図っていただくよう要望いたします。

出典会議録表示

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

横浜市議・斉藤達也氏「地球・みどり・生活を守る」政策について

斉藤達也横浜市議の政策の一つ「地球・みどり・生活を守る」は横浜市のさらなる発展と、住んでる人々の生活を考え、安心安全に日々暮らしていけるよう考えたものであります。

このまとめを見る