1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

◆第21回W杯・ロシア大会は、フランスの優勝で幕を閉じた

サッカーの第21回ワールドカップ(W杯)ロシア大会は15日、モスクワのルジニキ競技場で決勝が行われ、

フランスがクロアチアを下し、自国開催だった98年大会以来20年ぶり2度目となる優勝を飾った。

5度目の出場で決勝初進出だった同20位のクロアチアは初優勝を逃したが、98年の3位を上回る最高成績となった。

◆全世界が注目する決勝戦は、目が離せない素晴らしい一戦となった

2018FIFAワールドカップロシア 決勝トーナメント 決勝戦 フランスVSクロアチア 両チームスターティングメンバー pic.twitter.com/sUR3gJiOt9

決勝戦では、5度目の出場で初優勝を狙う国際サッカー連盟(FIFA)ランキング20位のクロアチアと、3度目の決勝進出を果たした同7位のフランスとの激戦となった。

◆前半18分、まさかの形で試合が動く

両者ゴール前に近づきながら、なかなかシュートまで持ち込めない時間が続く。それでも18分、フランスがセットプレーから試合を動かした。

フランス代表のアントワーヌ・グリーズマン選手が蹴ったフリーキックがクロアチア代表のマリオ・マンジュキッチ選手の頭に当たってオウンゴール。フランス代表が1対0と先制しました。

◆しかし、3度の延長戦を制してきたクロアチアは、前半28分に意地を魅せる

前半28分、今度はクロアチア代表のイヴァン・ペリシッチ選手がコーナーキックのこぼれ球を拾い、

◆試合は落ち着くことなく、10分後にフランスにチャンスが訪れる

ところが38分、フランスのコーナーキックで、そのペリシッチの手に当たったプレーがVARの結果ハンドに。

キッカーのグリーズマンは、落ち着いて左に蹴り込んだ。追いつかれたフランスだが、すぐさま勝ち越しに成功する。

◆後半に入っても、フランスのペースは変わらない

後半に入り59分、フランスは長いスルーパスで右サイドの裏に抜け出したムバッペが中央へ折り返すと、グリーズマンが落としたボールをポグバが右足ダイレクトで狙う。

◆さらに、その6分後に新生エムバペが魅せた!

さらに同20分にはDFルーカス・エルナンデスから中央でパスを受けたムバッペが、PA外から狙いすました右足シュートでゴールを陥れ、フランスのリードは3点差となった。

◆大量リードで安心したのか、フランスのGKが痛恨のミス

苦しくなったクロアチアは69分、マンジュキッチが相手GKウーゴ・ロリスのパスをカットすると、このボールがそのままゴールへ転がり込み、2点差に詰め寄った。

1 2 3