政府は6日午後、東日本から西日本の広い範囲で続く大雨に関し、首相官邸の危機管理センターに官邸連絡室を設置した。被害の発生に備え、情報収集態勢を強化する。

 菅義偉官房長官はこれに先立つ記者会見で「8日にかけて大雨が予想され、土砂災害や河川の氾濫に警戒が必要だ。万全の態勢を取っていく」と述べた。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「空白の66時間」はデマ。某野党の工作アカウントによる捏造の疑い

平成30年7月豪雨の政府の対応が遅かったと、「空白の66時間」というタイムテーブルが出回っております。本当にそんなものは存在したのか、時系列をまとめて検証してみました。

このまとめを見る