結論からいうと「空白の66時間」はデマであることがわかります。
次に、特別警報、自衛隊派遣は各所の首長(知事)の判断となります。知事の裁量により避難勧告も行います。政府としてはそれらの情報収集を行い、的確に支援をするのが災害時の流れになります。
「空白の66時間」は、そもそもの災害時の流れというものを理解していない人の理論であることがわかります。
それとも、政権批判するために”こじつけ”たものなのでしょうか。

前へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「空白の66時間」はデマ。某野党の工作アカウントによる捏造の疑い

平成30年7月豪雨の政府の対応が遅かったと、「空白の66時間」というタイムテーブルが出回っております。本当にそんなものは存在したのか、時系列をまとめて検証してみました。

このまとめを見る