「空白の66時間」のタイムテーブルに実際の政府の対応を当てはめてみた「対応の66時間」のタイムテーブルという事のようです。
メディアの報道や首相官邸のホームページにも合致しているようであります。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「空白の66時間」はデマ。某野党の工作アカウントによる捏造の疑い

平成30年7月豪雨の政府の対応が遅かったと、「空白の66時間」というタイムテーブルが出回っております。本当にそんなものは存在したのか、時系列をまとめて検証してみました。

このまとめを見る