1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

学園ものから裏社会まで…秋のおすすめ「青春映画」

2018年秋公開のおすすめ「青春映画」5作品のまとめ。山田裕貴×齋藤飛鳥『あの頃、君を追いかけた』、吉沢亮×新木優子×杉野遥亮『あのコの、トリコ。』、門脇麦×井浦新『止められるか、俺たちを』、志尊淳『走れ!T校バスケット部』、高杉真宙×加藤諒×渡辺大知『ギャングース』。

更新日: 2018年10月13日

12 お気に入り 10913 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『あの頃、君を追いかけた』(10月5日)

台湾で社会現象を巻き起こした2011年の大ヒット作を、舞台を日本に翻案して再映画化する山田裕貴主演の青春ストーリー。

2000年代の日本に舞台が置き換えられ、気楽な高校生活を過ごす主人公・水島浩介と、優等生のクラスメイト・早瀬真愛の関係を軸に物語が展開していく。

主人公・浩介役を山田、ヒロイン・真愛役を齋藤が演じるほか松本穂香、佐久本宝、國島直希、中田圭祐、遊佐亮介らが脇を固める。監督は、脚本家として「ホワイトアウト」「亡国のイージス」などに携わり、舞台の演出なども数多く手がける長谷川康夫。

齋藤飛鳥

◆『あのコの、トリコ。』(10月5日公開)

『ママレード・ボーイ』の吉沢亮、『劇場版 コード・ブルー…』の新木優子、『覆面系ノイズ』の杉野遥亮が幼なじみに扮する青春ラブストーリー。

白石ユキの同名漫画を基に、幼い頃に役者になることを誓い合った幼なじみ3人が、芸能界を舞台に恋や夢を追いかける姿を描く。

テレビドラマ「最高の離婚」などの演出を手掛けた宮脇亮が監督を務める。

◆『止められるか、俺たちを』(10月13日公開)

2012年に逝去した若松孝二監督が代表を務めていた若松プロダクションが、若松監督の死から6年ぶりに再始動して製作した一作。

今作のメガホンをとったのは、若松プロ出身で現在の日本映画界を牽引する白石和彌監督。主演を門脇麦、若松孝二役を井浦新が演じた。

◆『走れ!T校バスケット部』(11月3日公開)

マンガ化もされた松崎洋さんのベストセラー小説「走れ!T校バスケット部」が、「烈車戦隊トッキュウジャー」などの志尊淳主演で実写映画化。

強豪校・白瑞高校のバスケ部でいじめに遭い、自主退学した主人公の田所陽一が、編入先の多田野高校の弱小バスケ部で個性的なチームメイトと出会い、バスケットボールの楽しさを思い出していく。

監督は「今日、恋をはじめます」「ReLIFE リライフ」「恋と嘘」など青春映画を多数手がける古澤健。

◆『ギャングース』(2018年秋公開)

1 2