1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

怖い・・・知らぬ間に特定される「子どもの身バレ」問題

今年もレジャーシーズンが到来し、子どもを連れて外出する人も増えてきました。そこで注意したいのが、子どもの写真のSNS投稿。投稿内容から何者かに個人情報を特定されてしまうケースも。

更新日: 2018年07月17日

34 お気に入り 202328 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

今年もレジャーシーズン到来

どのような写真をどんな時に載せているかに関しては、「外出やイベント、旅行の際に」が37.9%で最多となった。

「SNSに子どもの写真を載せているか」マイナビニュースの調査

現状、Instagramでは子どもの顔がはっきりと分かる写真や動画などが大量に投稿されている状態だ。

その動機は大きく2つあり、1つは「娘が可愛すぎてとにかくみんなに見て欲しい」という欲求、そして「いつか娘が私のインスタを見たとき、私の愛が伝わるのでは?」という希望的観測

この状況に一部からは心配の声が

会社のセキュリティ責任者的な人が、SNSに子供の顔がもろに写ってる写真を投稿しているのを見つけてなんとも言えない気持ち

子供の写真でも特定されるからやめた方がいいと思うんだ…

子供との写真見ただけで自由が丘やんって思ってたけどやっぱりw 風景が映り込む写真は場所が特定されるから止めた方が無難よね。

投稿から身元が特定されてしまうことも

通っている幼稚園名が分かる写真や、お尻などがしっかり写り込んでいる写真も少なくない。

画像に埋め込まれた位置情報を元に、子供のことを実際に見に来る変質者がいる可能性もあるとか。

過去には「無断転載」の事件も発生

知人にも3歳の子供がいるのですが、その子がお風呂に入っている画像が、あるサイトに無断で転載されていたというのです。

デジタル誘拐とは、インターネットからダウンロードした他人の子供の写真を「自分の子供」としてSNSに投稿するというものです。

「SNSに虐待をしているという書き込みをしていませんか」ある日突然、子育て中のBさんのもとに、児童相談所の職員が訪ねてきました。「SNSに、虐待をしているような書き込みをしていると通報があった」とのこと。

特にインスタグラムは要注意

良からぬことをたくらむ人物目線で考えると・・・

画像のみを検索画面に一覧表示してくれる別のSNS(例えばInstagramなど)を使えば、より効率的に目当てのものが探せるはずです。

では、どうすればいいのか?

公開範囲を設定することも可能ですが、この場合は友だちが他人へシェアする可能性もあります。鍵付きに設定して、承認した人にしか投稿を見られないようにしましょう。

1 2