1. まとめトップ

【Windows10】電源ボタンを押したときに、スリープにならないようにする方法

ノートパソコンを買ったら電源ボタンの位置が間違って押してしまいそうな位置に!電源ボタンを間違って押してもスリープにならないようにする方法をご紹介します。同様の手順で、電源ボタンの動作をシャットダウン等に変更することもできます。

更新日: 2018年07月16日

1 お気に入り 1869 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

新しいノートPCを買ったのですが、電源ボタンの押し間違いが発生しやすそうだったので、変更しました。その際のキャプチャです。

イチルーさん

手順

自分のPCのキャプチャです。
Windowsアイコン(左下)を押し、歯車マークを押して、設定を開きます。

自分のPCのキャプチャです。
「d」や「電源」と入力すれば出てくると思います。

自分のPCのキャプチャです。
関連設定欄の電源の追加設定を押します。
スクロールして下の方にあると思います。

自分のPCのキャプチャです。
電源ボタンの動作を選択するを押します。

自分のPCのキャプチャです。
電源ボタンを押したときの動作を変更します。
何もしないを選択すれば、短押しでスリープ動作がしなくなります。
変更後も長押し(強制シャットダウン)はそのまま反応するようです。

買ったPC

電源ボタンの押し間違いが起きやすそうなPC

【使いやすさ】
電源ボタンが、キーボードの右上にキーと同じように設置されており、Delキーを押そうとして電源ボタンを押してしまいます。
windowsの設定で、電源ボタン押下時の設定を何もしないに設定したら問題ありません。

ZenBook UX330UA UX330UA-7200Sのレビューですが、同様の現象が発生しているようです。

他のPCでDeleteキーがある位置に電源ボタンがあり、間違えて押してしまいそうになる。一応他のキーより重くするという配慮はしてある。

ZenBook 3 UX390UA UX390UA-256G
のレビュー

ZenBookシリーズはこの配置が多いのでしょうか

参考サイト

1