1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

marakasu3世さん

EARINとは?

左右完全分離型ワイヤレスイヤホンのパイオニア『EARIN』。

ワイヤレス市場が拡大する中、世界各国が注目するトゥルーウィヤレスを真っ先に登場させたスウェーデンのメーカーです。

快適な装着感

イヤホン本体は3.5g。円筒形のボディも非常に小さく作られているので、極端に言えばまるでイヤーチップだけを身に着けているような装着感だ。

バッテリーについて

イヤホンの充電はバッテリーケース経由。600mAhのバッテリーケースにUSBケーブルをつないで75分でフル充電になる。イヤホンはフル充電から3時間の連続音楽リスニングが楽しめる。イヤホンの充電はケースに入れて70分。イヤホンはモバイル電源で3回フル充電にできる。ちょっとした小旅行のあいだも音楽“聴きっぱなし”で過ごせそう。

ボタン操作について

EARINは本体にボタンがひとつもない。専用ケースから取り出すと電源がオンになり、音楽を聴き終わってケースにしまえば電源がオフになる。音楽を聴くことに注力したシンプルな使い勝手を追求しているので、ハンズフリー通話には非対応としている。

ペアリングについて

イヤホンをケースから取り出して電源をオンにした後、スマホのBluetooth機器一覧には「Earin L」だけが表示される。これをタップすれば、しばらくして両耳イヤホンのペアリングが完了する。通勤ラッシュ時の駅改札、満員電車の中など人口密度の高い場所でも通信はなかなか安定していた。リスニング中の目立った音切れやノイズは非常に少なく優秀だった。

特徴的な機能

iOS/Android対応のスマホアプリ「Earin」を使って、本体のバッテリー残量を視覚的にチェックしたり、左右イヤホンの出力バランスを調整することができる。そしてもう一つ「低域ブースト」機能も用意。オンに切り替えると地下鉄に乗っている時など、周りを騒音に囲まれている場合でもパワフルでメリハリのある低音が楽しめる。

付属品

イヤーピースはコンプライ製の低反発フォームチップ「400シリーズ」がS/Mそれぞれ1ペアずつと、シリコン製のイヤーチップもMサイズが1ペア付属。円筒形のボディに装着して、耳に着けた時の安定感を高めるシリコン製の着脱可能なスタビライザーも付いてくる。そのほかは充電用にmicroUSBケーブルが1本。

iFデザイン賞受賞

・iFデザイン賞は、世界的に最も権威のあるデザイン賞の一つ。 ドイツ・ハノーファーを拠点とする、デザイン振興のための国際的な組織インダストリー・フォーラム・デザイン・ハノーファー(iF)が1953年から主催し、毎年全世界の工業製品等を対象に優れたデザインを選定してます。 Communication Design、Product Design (Packaging / Transportation / Public)、Conceptsの3つのカテゴリから優秀デザインを討議し、各分野の年間優秀デザインを表彰します。今回、EARINはProductデザイン分野で受賞しました。

新作「M-2」に追加された新機能

EARINの完全ワイヤレスイヤホン「M-2」に新色のシルバー。あすからのポタフェスに出展 phileweb.com/news/d-av/2018… pic.twitter.com/sDrczCmq5c

ノイズリダクション付き通話機能の追加

M-2はノイズリダクションの追加で、さらにクリアで快適な通話を可能にしました。

イヤホン本体は風切音を少なくする形状で、耳穴にさらにフィットしやすく。

さらに、イヤホン装着側は通話相手側のノイズを10-15dB下げ、会話を聞き取りやすく。

電話の相手側は、M-2ユーザーの周辺ノイズを20dB以上下げ、通話の相手側も会話が明瞭に聞こえるようにし、双方の会話が聞き取りやすくなっています。

タッチインターフェースを搭載

イヤホンにタッチセンサーを搭載し、以下の操作がM-2に触れるだけで可能となりました。
•着信の応答
•音楽の再生・停止
•Siriの呼び出し
•ノイズキャンセルのオン・オフ

Migloテクノロジーを採用し、左右の遅延が減少

M2は「NXPSemiconductorsのMiGLOテクノロジー」を採用し、高精度の左右オーディオ同期が可能となりました。

左右のイヤホンの遅延が限りなく少なくなり、通話時の音声が両耳で聞き取れる「デュアルモノラル通話」にも対応しています。

今大注目のワイヤレスイヤホンはEARINでデビューしよう!

1