1. まとめトップ

大人の浴衣デート、気になる彼をその気にさせる方法!!

そろそろ浴衣が着たくなるお祭りシーズンに入りました。なかには、お祭りで気になる彼との距離を縮めようとたくらんでいる女子もいることでしょう。今回はそんな人のために、大人の浴衣デートで気になる彼をその気にさせる方法をまとめてみました!

更新日: 2018年07月17日

3 お気に入り 15394 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

friekingbadさん

浴衣を着る女性がモテる理由は?

浴衣姿は夏にしか見られないため、めったにない機会として浴衣を期待している男性は多いよう。また「本気を出してくれていると思って嬉しくなる」という意見も寄せられました。

希少価値が高いものには誰でも目を奪われるものです。その上、浴衣を着るには時間と手間がかかるので、そのことを理解してくれている男性も多いようです。自分のためにこんなに手間をかけてくれたのか!と喜んでくれる男性もいるようです。

やっぱり見慣れないというギャップなのでしょうか?女性だって男性の浴衣姿がカッコイイなんてもよく聞きますし。これを名付けるとしたら「浴衣マジック」「浴衣効果」なんてどうでしょうか。

男性も女性も普段とのギャップには弱いようです。ただ、浴衣を着るだけでなく普段とは違う自分を見せるように心掛けましょう。

洋服では出ない、「和」のエレガントさがかもしだされるからかな?へたに肌を露出させるより、こういうのを色っぽいと感じる男性の方が多いんじゃないでしょうか??

女性が浴衣を着ると、見えそうで見えない「チラリズム効果」が発動するようです。男性のすけべ心は知れば知るほど奥が深い!

その他に、ロングヘアの人なら髪をアップにしてゆくことをおすすめします! 襟足やうなじに色気を感じる男性も多いようです。

浴衣着るときのモテ仕草って何?

浴衣を着た際には、優雅でおしとやかにみせるモテ仕草も効果的。歩くときは小股で内股気味に歩いたり、すそを押さえる指先をスッとそろえたりすると、エレガントな印象になるといいます。

浴衣を着るだけでは、彼をその気にはできません。浴衣を着ることによって自然に品の良い仕草や行動をするから、男性に好まれるのです。わざとらしいモテ仕草はかえって見破られる可能性があるので、気をつけましょう。

洋服の場合でも、普段から袖や襟を気にする人は色っぽくみえます。普段の生活でも、こまめに身だしなみを整えるようにしましょう。

履きなれない下駄を履いていると、指の間が痛くなったり、ふくらはぎが張ってきたりしますが我慢!そんな時、ちょっと立ち止まってみてください。そして、下駄の鼻緒が当たる部分をさすりましょう。そうすれば、そのしぐさにキュンとするばかりか、その頑張りにもキュンとするのです。

履きなれない下駄を履くだけで、自然に可愛らしい仕草になります。しかし、あんまり頑張りすぎて、流血祭りにならないように気をつけましょう。

浴衣デートの前に準備しておくこと

とにかく夜店は混みます。また食事をするとお手洗いに行きたくなります…なので、限りある時間を有効に使うために、食事はある程度済ませておきましょう。

食事がメインではなく、相手と話して少しでも近い関係になることが目的の場合は、食事をすませてから行った方が良いでしょう。

暑さ対策のためにうちわを用意しておきましょう。浴衣と合わせれば、うちわは最高のファッションアイテムなります。

彼をその気にさせる行動とは?

この方法は良く使われる方法ですが、わりと多くの男性がひっかかるようです。大人の女性だとはずかしくてできない人も多いようですが、お祭りでは相手の男性もあなたに普段とのギャップを期待しているということを忘れないでください。

人混みや階段などで「転んじゃいそうだから手繋いでもいい?」と言って手を繋いじゃうのです。手を繋ぐ事でグッと2人の距離が近くなり、「もっと繋いでたい・・・」と言ったり、無言でぎゅっと手を繋ぐという告白ギリギリの行動をする事で男性の告白を促す事ができますよ。

結構勇気が必要な言動ですが、お祭りの雰囲気にふたりで酔ってしまえば意外に簡単に言えるはずです。雰囲気に合わせて素直に行動してみましょう。普段素直に行動している人は、無言で手をにぎってミステリアスな雰囲気を出すというのも一つの方法です。

花火大会でいい雰囲気になってもお泊りはしないでください!汗で汚れたシワだらけのゆかたをもう一度着なおして、髪もセットせず、「お泊り感満載」で昼間の街中を歩くのはイヤですよね?

男性も女性も、簡単に相手とセックスをしてしまうと、それ以上相手の心に近づく努力を怠る傾向があります。それが嫌ならば、しっかりとあなたについて考える時間を相手に与えましょう。お互いの心や大切にしている考え方を知ることは、その後のふたりの人生においてもとても重要なことです。

1