1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『音量を上げろタコ!』も!秋のおすすめ「コメディ映画」

2018年秋公開のおすすめ「コメディ映画」5作品のまとめ。リチャード・ギア『嘘はフィクサーのはじまり』、阿部サダヲ×吉岡里帆『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』、草刈正雄『体操しようよ』、中条あやみ×佐野勇斗『3D彼女 リアルガール』、中川大志『覚悟はいいかそこの女子。』。

更新日: 2018年11月10日

16 お気に入り 15205 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『3D彼女 リアルガール』(9月14日公開)

中条あやみを主演に迎え、那波マオのコミックを実写映画化したラブコメディー。

美少女と2次元オタク男子が織り成す恋愛模様を描く。

出演は「チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」の中条あやみ、「羊と鋼の森」の佐野勇斗。監督は「未成年だけどコドモじゃない」の英勉。

◆『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』(10月12日公開)

独創的な作風で人気を集める三木聡が原案・脚本を手がけてメガホンをとり、主演に阿部サダヲ、ヒロインに吉岡里帆を迎えて描くロックコメディ。

ドーピングで声を作っているカリスマロックスターと、声が小さいストリートミュージシャンの出会いを映し出す。

◆『覚悟はいいかそこの女子。』(10月12日公開)

椎葉ナナ原作の同名コミックを「きょうのキラ君」の中川大志主演で実写映画化し、恋愛経験ゼロのヘタレ男子が彼女を獲得するべく奮闘する姿を描いた青春ラブコメディ。

麗しい外見とは裏腹に、臆病で情けない言動ばかりの主人公に扮した中川が、コミカルな演技を見せる。

メガホンを取るのは『スレイブメン』『ゴーストスクワッド』の井口昇。

◆『嘘はフィクサーのはじまり』(10月公開)

『愛と青春の旅立ち』『プリティ・ウーマン』『HACHI 約束の犬』など幅広く活躍し、「この世で最もセクシーな男性」にも選ばれたことのあるリチャード・ギアの主演最新作。

厄介事を引き受けまくる自称フィクサーのノーマン(リチャード・ギア)が、小さな嘘を積み重ねて人脈を広げ暗躍し始めるが、過度の“忖度”から色々な混乱を巻き起こすコメディードラマ。

「運命は踊る」のイスラエル人俳優リオル・アシュケナージが首相役を演じるほか、マイケル・シーン、スティーブ・ブシェーミ、シャルロット・ゲンズブールらが脇を固める

◆『体操しようよ』(11月9日公開)

1 2