1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

東京五輪は大丈夫?この暑さで「死者が出る」と本気で心配の声

連日続く猛暑に、「東京五輪は開催しても大丈夫?」「死者が出る」などの本気で心配する声が相次いでいます。

更新日: 2018年07月18日

27 お気に入り 149970 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■連日、ものすごい暑さとなっている

17日も全国各地で35度以上の猛暑日となりました。夏の高気圧が西日本を覆っている影響で、沖縄から東北南部までの広い範囲で猛暑となり、内陸部を中心に気温が上昇しました

気象庁は、九州から東北南部までの広い地域に高温注意情報を発表し、熱中症への警戒を訴えています。

最高気温が三五度以上となる猛暑日は、十七日までに名古屋市で四日間、岐阜市で五日間続いている。気象台や専門家は、この暑さは八月に入っても続くと予想している

総務省消防庁は18日、熱中症で9~15日の1週間に9956人が搬送されたとの速報値を発表した。

東京消防庁などによりますと、都内では16日午後3時までに、6歳から93歳の男女あわせて101人が病院に運ばれました。

3連休中に5千人を超える人が熱中症とみられる症状で救急搬送され、14人が死亡している。

■この暑さにより、2年後開催の東京五輪が本気で心配されてた

17日だけで214人が熱中症で搬送された東京では、2年後に迫った東京オリンピック・パラリンピックへの暑さの影響が懸念されます。

多くの地点で猛暑日が続くと予想される中、ネット上では2年後に迫った東京五輪への不安の声が日に日に高まっている

ここ数日のあまりの暑さにネット上では「アスリートだけでなく観客も我慢大会」「死者が出るレベル」など不安の声が続出。

ツイッターでは「死んでもおかしくない暑さの中でスポーツというのも狂気」「この暑さで夏季オリンピックしていいのか日本」などの投稿が多く寄せられている

2020年7月24日に開幕する東京五輪で、マラソンは男女とも午前7時スタートとするなどした各競技の日程案の概要が30日、判明した

暑さに対する配慮のようです。

日本体育協会は指数21未満なら「ほぼ安全」、21~25は「注意」、25~28を「警戒」、28~31は「厳重警戒」、31以上を「運動は原則中止」と定めている

気温が35度、湿度55%以上だと指標が31になるという。しかもこの規準の危険度はアスリートだけでなく観客や大会関係者、特に日本の高温多湿になれていない外国人、子ども、高齢者にとって危険だと指摘

WBGTは気温(乾球温度)、湿度(湿球温度)と輻射熱(黒球温度)および気流の影響も反映された、総合的に暑さを評価できる温熱指標です。

まじで東京オリンピックすんの? 暑さと湿気がひどい東京 そんな事に慣れてない外国人が激しく身体を動かす。 ええ。死んでしまいます

@manapaca 今朝、東京オリンピックは死者が出るんじゃないかってテレビでやってたけど、この暑さで運動したらマジで死んでもおかしくない……

2020年の東京オリンピック色んな問題山積みだけど この異常な暑さもしっかり対策しておかないと観光客や下手したら選手の命も危ないかもとか、このクソ暑い午前中に考えたり

この暑さで、2年後、オリンピックか マラソンとか、出るほうも、見るほうも命にかかわるよ #東京オリンピック

■以上のように五輪はもちろん、真夏のスポーツイベント全般に注意が必要だ

1 2