1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ブラジルに「毒サソリ」が大量発生している理由がひどかった…

ブラジルに毒サソリが大量発生しており、昨年サソリが原因の死者は200人を超えたといいます。その毒サソリが大量発生している理由がひどいものでした。

更新日: 2018年07月18日

12 お気に入り 87195 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおけるニュースを元に作成しています。

■サソリ

サソリ(蠍、蝎)は、節足動物門鋏角亜門クモ綱サソリ目 Scorpiones に属する動物の総称である。

砂漠に生息する危険な虫という認識があるが、実際の生息域は砂漠だけに収まらず熱帯地方を中心に寒冷域まで、また森林部などの他人間の生息域にもいる場合がある

尾端に毒針がある。夜行性で、昆虫などを捕食。キョクトウサソリ・ヤエヤマサソリ・マダラサソリなど約600種があり、熱帯や亜熱帯に広く分布

サソリによる死者は世界で年間1000人以上とも言われる

約1000種類いると言われているサソリの中のうち、25種は人間に対して致命的な毒を持つ。

有毒生物の中でも極めてデンジャラスなイメージを持たれがちなサソリだが、これら国産の二種は性格も控えめで毒も弱い。

■このサソリがブラジルで大発生している

ブラジルの街中で、サソリに刺されて毒で死んだ犠牲者が昨年200人近くに達し、当局が全国にサソリ警戒令を出した。

サンパウロ州内地方部で近年、市民がサソリに刺される事故が増加傾向にある。12日付エスタード紙によれば、今年は現在までに約1万1500件に上るという。

先週はサンパウロで4歳の少女がサソリの犠牲になり、改めてその危険が注目された。

【ニューズウィーク日本版】ブラジルの街中でサソリの大繁殖が始まった?昨年死者200人 ブラジル行ってサソリに刺されて死ぬってこともあり得るかも。 ブラジル怖い。 #ブラジル #サソリ kyousuke-jiyuujin.net/2018/07/18/pos…

サソリは生命力が極めて強い。代謝が低いので餌なして7カ月生きられる(ゴキブリがいればそんな必要もないが)し、単位生殖なのでオスがいなくてもメスだけで繁殖できる。 森林破壊の代償か ブラジルの街中でサソリが大繁殖…死者多数も #ldnews news.livedoor.com/article/detail…

ブラジルやばっ!年間12万人以上がサソリに刺されてる。。宮崎監督の映画の世界より怖いかも。人間が自らのエゴを止められなかった結果が少しずつなのかも。 - 温暖化はブラジルの街中でサソリの大繁殖が始まった?昨年死者200人(ニューズウィーク日本版) headlines.yahoo.co.jp/article?a=2018…

ブラジルの街中でサソリの大繁殖が始まった?昨年死者200人 - (1/2)|ニフティニュース news.nifty.com/article/magazi… なんかやばいよ・・・

■サソリが市街地に大量発生している原因が「森林の伐採」

英紙ガーディアンによると、森林破壊と都市の拡大で棲みかを追われたサソリが都市に侵入し、繁殖し始めている。

サソリに刺される事故の増加について、森林部の伐採が進んだことと、サソリが都市部の環境に順応するようになったことが関連している

ブラジルにいる4種類のサソリのうち、もっとも危険なのがイエロースコーピオン。それが今、乾いた草原にある古来の巣を出て、都市の下水やゴミ捨て場に移りすみ始めている

好物のゴキブリに不自由しないというのが理由の一つのようです。

■知ってる人も多いかと思うがブラジルは世界最大の熱帯雨林地帯アマゾンを抱える

ブラジルは、赤道をまたぐ約850平方キロメートル(約8億5,000万ヘクタール)の広大な国土に、世界最大の熱帯林アマゾンを擁する森林大国

ブラジルのアマゾンの熱帯雨林も、無論、二酸化炭素の吸収源として、また、気候を安定させる環境として、大きな役割を果たしています。

アマゾンの乱開発が加速度的に進み始めたのは、1970年代からといえます。国道の建設、ダム建設、鉱山開発などのプロジェクトが70年代に始まるや80年代にはアマゾンの破壊は急速に進行しました。

1 2