1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

akitokineさん

ただ寝ているだけのこの時間にそんなに使っているのか!と急にもったいなさを感じる方もいらっしゃると思いますが、今、この睡眠時間を利用した「睡眠ダイエット」がとても注目されています。

「ちゃんと寝ないと太る」という説を聞いたことがありますか? ホントなの? と思うかも知れませんが、これって、ホントのことなのです。あまり関係なさそうに思える睡眠とダイエット。でも、世界各国のさまざまな研究結果から、今では「寝ないと太る」という説が正しいことが実証されています。

寝ているときの消費カロリーは一晩で約300kcalと言われています。そのため、睡眠が十分に取れていない状態では、消費されるはずだったカロリーが消費されず、太りやすい体質に。

「睡眠ダイエット」ってどうやるの?

特別な運動や食事制限などは一切行わず、質の良い睡眠を毎日7時間半~8時間とるだけで痩せるという、なんとも夢のようなダイエット方法、それが睡眠でダイエットです。

効果はどのくらいあるの?

「今まできちんとした睡眠がとれていなかった人は、良質な睡眠がとれている人の1/3、100kcalほどしか脂肪が燃焼できていません。その差は200kcalにもなります。そして、人が1kg太るには約7200kcalの摂取が必要。きちんと眠ることで毎日プラス200kcalを消費できるようになると、36日(=7200kcal÷200kcal)で1kg痩せる計算になるんです。つまり、半年続ければ5kgは痩せることができるということです」

ゴールデンタイムに寝る

睡眠のおけるゴールデンタイムとは、22時から深夜2時までの時間を言います。これは成長ホルモンがもっとも分泌されやすい時間なのです。できるだけ、この時間帯を狙って眠るようにしましょう。昼夜逆転生活などはホルモンの関係上、太りやすくなるので、注意しましょう。

夕食のタイミング

胃腸には、「腹時計」と呼ばれる体内時計があります。お腹がふくれると眠くなりますが、そのまま眠ると睡眠の質が悪くなります。グッスリ眠るためにはある程度、胃腸の動きが落ち着くことが必要です。

入浴のタイミング

お風呂は出来れば眠る直前ではなく、2〜3時間前に入っておくと良いでしょう。

数時間前に入ることで体温を1度程度上げておけば、就寝時間に合わせて深部体温が下がるようになるので自然と眠くなるように。

寝つきの悪い方は特にシャワーですまさずに、湯船につかってしっかりと体を温めましょう。

ハーブティーでリラックス

カモミール、ペパーミント、ラベンダー、バレリアンのハーブティーには鎮静作用があり、寝る前に飲むと脳の働きがリラックスして寝る準備を整えることができます。
寝ようとすればするほど、眠れないという人は食後にこれらのハーブティーを飲んでみてください。

アロマの香りでリラックス

寝る前にリラックスするために、アロマの香りを楽しむことで、心身ともにリラックスして質の良い睡眠に繋がっていくものです。

電気は消す

睡眠の質を高めるためには、眠気を誘う「メラトニン」という物質の分泌を高めることも大切。メラトニンは光の影響で分泌量が少なくなるため、寝室は真っ暗にして寝るのが効果的です。

寝る前にストレッチ

1 2